現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タミヤはヤマハ「YZF-R1M」を模型化するため何を削り、何を残したのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11

タミヤはヤマハ「YZF-R1M」を模型化するため何を削り、何を残したのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ヤマハ挑戦の軌跡を自らプラモデルを作ることで共有したい

 タミヤは東京、新橋のオフィシャルショップ「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」にて、「1/12オートバイシリーズ NO.133 ヤマハ YZF-R1M」発売記念トークイベントを9月27日に開催しました。イベントでは普段目にすることのできない貴重な資料を交え「YZF-R1M」のプラモデル化にあたっての製作秘話が語られたので、その模様をレポートします。

    2ストロークのヤマハ 「RZ」は熱狂的時代の象徴だった

「YZF-R1M」の原点でもある「YZF-R1」は発売から20年の歴史を誇るスーパースポーツモデルです。1998年の初代「4XV型」から改良が重ねられ、2015年に発売された8代目はターゲットシーンを一般公道である「ワインディング」から「サーキット」に変更。「High tech armed Pure Sport(ハイテクで武装したピュアスポーツ)」をコンセプトに、クラスナンバーワンの出力、クラス最軽量のボディを目指し開発されました。

 ヤマハの「YZF-R1」開発責任者・平野啓典さんは、「ヤマハ挑戦の結晶が『YZF-R1M』。プラモデルを作るときに(実車の)設計者の想いを感じ取りながら組み立ててもらえると嬉しい」と述べています。

 また「モーターサイクルだけじゃ伝えられないものを、プラモデルが広げていってくれる。自分もぜひ作ってみたいですね」と語るのは、株式会社GKダイナミックスの「YZF-R1」デザイナー・坂田功さん。

 モータサイクルファンから絶大な支持を集める「YZF-R1M」ですが、ファンが熱く思い焦がれているだけに生半可な出来では満足してくれません。では、タミヤは実車をどのようにプラモデル化しているのでしょうか。

■数日かけて車体の各パーツの形を正確に把握できるように細部まで撮影

 タミヤにおけるプラモデル製品開発は、車種選定、取材・資料収集、設計、金型製作、成形という流れで進められ、それに平行して製品パッケージや組み立て説明図などの制作が行なわれます。

 タミヤの企画開発部スタッフ荒木さんが解説するなかで、最も驚かされたのが取材・資料収集の緻密さです。3Dスキャナーで半自動的に立体データを取り込んでいくのかと思いきや、数日かけてじっくり車体全体や各部を数台のカメラやビデオを使い撮影していきます。

 もちろん外観を撮影するだけでは終わりません。「YZF-R1M」の取材は、フロントカウル、アンダーカウル、シートカウル、その他パーツをはずして、中身も細かく撮影します。

 実車の取材が終わり次第、模型の設計に入るわけですが、この工程ではどこにこだわり、どこを妥協するのかという見極めが重要とのこと。たとえば実車で数ミリのパーツを1/12スケールのプラモデルで再現するのは現実的ではありません。またコスト的な制約からも、実車の構造を完全に踏襲することは困難です。

■忠実に造形する部分と、妥協する部分を分ける

 そこでタミヤでは、実車の機能に関わる部分を優先してプラモデルに再現しています。たとえば「YZF-R1M」の特徴的なライトとエアダクト周りは、カウルをはずした状態の実車構造を踏襲しています。露出しているエンジンの忠実性をできるだけ高めるのは当然のこと、フレームも車体を構成する重要な要素なので、再現度を高めるために部品点数を限定し、できるだけ多くの造形を一体成形としています。

 一方妥協した点は、ディスクブレーキの穴が挙げられます。金型としては穴を空けることは可能ですが、製造時に不具合が発生する可能性があります。このような非常に細かい造形については、プラモデルを購入した方がそれぞれ腕を振るい表現する箇所となるわけです。

 前出の荒木茂樹氏は「実車の構造を理解するのにも役立つのではないか」と製作者としての自負を語っています。実車「YZF-R1M」のオーナーはもちろんのこと、サーキットシーンで活躍する雄姿に魅せられた方は、ヤマハ、GKダイナミックス、そしてタミヤの3社が作り上げた「1/12オートバイシリーズ ヤマハ YZF-R1M」を自ら製作し、マシンの理解を深めてみてはいかがでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター ジャイアン鈴木)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/10/11 20:49

    違反報告

    「実車の構造を理解するのにも役立つのではないか」
     ↑
    バイクは基本的に機械部品の組み合わせだから、プラモデルでも必然的に構造は理解出来るよね。
    古くはレベル1/8·ホンダCB72等やプロターのGPバイクキット等を御持ちの方なら御解りの筈。
    しかしながらタミヤの凄い所は金型。ヴィンテージキットとは全く違う。
  • ykr*****|2018/10/11 21:36

    違反報告

    ブレーキディスクに穴を開けることを頑なに拒むタミヤなのであった(笑)
  • sa2*****|2018/10/11 20:27

    違反報告

    つーか高杉

    プラモに4000円超とかありえん

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します