現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これであなたもレクサス通! 「レクサス」アルファベット車名の由来とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11

これであなたもレクサス通! 「レクサス」アルファベット車名の由来とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■レクサス車名の由来“Fスポーツ”の“F”は何を意味する?

 1989年に、主に北米の高級車マーケットへ向けたブランドとしてトヨタが設立した「レクサス」は、2003年から国内市場でも販売・展開することでその知名度を高めてきました。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 2018年現在では最も高額な「LC」を筆頭に、11種類のモデルがラインナップされていますが、車種や仕様の追加によって排気量やモデル名が分かりづらくなっているのも事実です。

 基本的にレクサスの車両では、由来となる英語表記の頭文字であるアルファベット2文字とエンジン排気量、または社内測定値による同等のパワーを発揮するエンジンの排気量を表す3桁数字、ハイブリッドを意味する「h」やスポーツ色を強めた「F」が続きます。

 そのため、「IS300h」や「IS300」などにみられるように、本来は3リッターの自然吸気エンジンを搭載するモデルで使用される「300」が、排気量の小さいモデルでも使用されるケースもあります。  また、例外としてレクサス・レーシングのホームコースである“富士スピードウェイ”の頭文字から取られた「F」モデル(F SPORTS仕様を除く)では、排気量の記載がなく、アルファベット2文字の車名の後にそのまま「F」が続きます。

 ここでは、2018年モデルを対象に車名の由来や、英数字の後に続く数字の意味について改めて振り返ってみました。

●セダンモデル

・IS「Intelligent Sports Sedan」(インテリジェント・スポーツセダン)の略である「IS」は、2005年9月28日に初代モデルが登場しています。ラインナップはV型6気筒3.5リッターエンジンの「IS350」、直列4気筒2.5リッターエンジン+ハイブリッドシステムの「IS300h」、直列4気筒 2リッターターボエンジンの「IS300」の3車種がラインナップされています。

・GS「Grand Sedan」(グランド・セダン)の略である「GS」は2005年8月30日に初代が登場。V型6気筒3.5リッターエンジン搭載の「GS350」やそこにハイブリッドを組み合わせた「GS450h」、直列4気筒2.5リッターエンジン+ハイブリッドシステムの「GS300h」、直列4気筒 2リッターターボエンジンの「GS300」の4車種が用意されています。

・LS「Luxury Sedan」(ラグジュアリー・セダン)の略である「LS」は、2006年9月16日の登場とセダンの中では、一番の後発モデルでありフラッグシップとなる存在です。この「LS」には、V型6気筒3.5リッターエンジンとより優れたレスポンスとダイレクトな加速を可能にする「マルチステージハイブリッドシステム」搭載の「LS500h」と、V型6気筒3.5リッターターボエンジン「LS500」の2車種が存在しています。

・GS F「Grand Sedan」(グランド・セダン)のハイパフォーマンス版となる「GS F」は、V型8気筒5リッターエンジンを搭載するスポーティーな一台です。「F」モデルらしく、富士スピードウェイをはじめとする世界のサーキットや道で鍛え抜かれた走りと「操る楽しさ」が両立されています。

●クーペモデル

・RC「Radical Coupe」(ラジカル・クーペ)の略となる「RC」は、先鋭な美意識と、走る愉しさを追求したモデルです。ラインナップは「IS」と同様にV型6気筒3.5リッターエンジン搭載の「RS350」、直列4気筒2.5リッターエンジン+ハイブリッドシステムの「RS300h」、直列4気筒 2リッターターボエンジンの「RS300」の3車種がラインナップされています

・RC F「GS F」と同様に、V型8気筒5リッターエンジンを搭載するこのモデルは、レクサスらしい高級感と美しいボディライン、高い走行性を併せ持つ車種です。「F」モデルならではの「操る愉しさ」も探求されています。

・LC「Luxury Coupe」(ラグジュアリー・クーペ)の略である「LC」は、レクサス技能認定を受けた「レクサス匠認定者」しか立つことが許されない専用ラインで生産されています。このモデルでは「LS」同様、V型6気筒3.5リッターエンジンに「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載した「LC500h」と、V型6気筒3.5リッターターボエンジンの「LC500」の2車種があります。

■高い走破性とラグジュアリー感を併せ持つSUVモデル

●SUVモデル

・NX「Nimble Crossover」(ニンブル・クロスオーバー)は「素早い、爽快な」を意味する「Nimble」と、「Crossover=交差を意味するX」の略となる「NX」は、都市を駆け抜ける、鋭く研ぎ澄まされたスポーツギアとして企画されたモデルです。ラインナップは、直列4気筒2.5リッターエンジン+ハイブリッドの「NX300h」と、直列4気筒2リッターターボエンジンの「NX300」の2種類です。

・RX「Radiant Crossover」(ラディアント・クロスオーバー)の略称となる「RX」は、色気のある力強さと先進的な機能性を融合したSUVです。このモデルにはV型6気筒3.5リッターエンジン+ハイブリッドの「RX450h」と直列4気筒2リッターターボエンジンの「RX300」のほか、ロングホイール・ベースモデルの「RX450hL」(末尾のLはLongの頭文字)も用意されています。

・LX「Luxury Crossover」(ラグジュアリー・クロスオーバー)を車名の由来に持つ「LX」は、力強さとラグジュアリー性を極めた、レクサスSUVのフラッグシップモデルです。兄弟車ともいえるトヨタ「ランドクルーザー」と同様の走破性を持つこの車種は、V型8気筒5.7リッターエンジン搭載の「LX570」のみの設定となっています。

●ハッチバックモデル

・CT「Creative Touring」(クリエイティブ・ツーリング)の略称である「CT」は、レクサス・ブランドでは最もコンパクトなハッチバックモデルです。価格(消費税込み)も377万円からと同ブランドのなかでは最もリーズナブルで、直列4気筒1.8リッターエンジン+ハイブリッドシステムの「CT200h」のみがラインナップされています。

※ ※ ※

 この他、レクサスでは、「F」のエッセンスを取り込んだスポーティーな「Fスポーツ」モデルをIS/GS/LS/RC/NX/RX/CTで設定しています。  また、2018年10月末にはデジタルアウターミラー(サイドミラーレス)を量産車で初採用したExecutive Sedan(エクスクルーシブ・セダン)の「ES」、11月末には都市型コンパクトSUV「Urban Explorer Crossover」(アーバンエクスプローラー・クロスオーバー)の「UX」も登場予定の同ブランドですが、今後どのような革新的技術を取り込んでくるのか、気になるところです。

 ちなみに、レクサスが2018年9月に来年の発売を正式に発表したボート、新型「LY650」はLuxury Yacht(ラグジュアリー・ヨット)の頭文字が名前の由来です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します