現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル「インプレッサ」を改良、オートビークルホールド機能で運転快適性が向上

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.11

スバル「インプレッサ」を改良、オートビークルホールド機能で運転快適性が向上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルは2018年10月11日、「インプレッサ」改良モデルを11月2日より発売を開始することを発表した。


「インプレッサ」は、最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、クラスを超えた「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」を実現したモデルだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ


今回の改良では、長い信号待ちや一般道での渋滞など、通常はブレーキペダルを踏み続けなければならないようなシーンで、ブレーキペダルから足を離しても自動的に車両の停止を保持する、オートビークルホールド機能を追加。ドライバーの疲労を軽減し、運転の快適性を向上させた。

なお、人気グレードである1.6i-L EyeSightにスポーティなエクステリア装備と充実したインテリア装備を加えたスバル60周年記念特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」を継続展開する。
※関連記事:スバル インプレッサ 1.6i-L アイサイトに上級装備の特別仕様車

 

【インプレッサの主な改良内容】

・オートビークルホールド追加
 

【価格】

インプレッサ(SUBARUオフィシャルWEBサイト)

スバル インプレッサ 関連情報
スバル 関連情報

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します