現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 南九州に遊びに行くならフェリー「さんふらわあ」でクルマごとトリップ!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.10

南九州に遊びに行くならフェリー「さんふらわあ」でクルマごとトリップ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマを使ってラク旅するならフェリーが一番

行楽のシーズン。いろんなところに遊びにいく計画を立てていると思うけど、狙い目は南九州・鹿児島&宮崎。大河ドラマで注目を集めている鹿児島は、魅力がいっぱいだ。ルートはもちろん豪華、快適で注目されているフェリー「さんふらわあ」。新造船の就航で鹿児島への旅が楽しくなった!

    広さ、豪華さに敵なし。車中泊が楽しくなる4人乗りの8ナンバーコンプリートカー

大阪と九州を快適な船旅で結ぶフェリー「さんふらわあ」。新造船のさんふらわあ『さつま』が就航されたのは、大阪・南港と鹿児島・志布志港を結ぶ航路だ。そこでハイエーススタイル編集部はテストカー&ぺこチャンと一緒に、”SUPで遊べ!”と鹿児島への船旅を敢行。今注目を集めているマリンスポーツSUP。サーフィンもそうだけど、SUPは夏だけじゃなくて、1年中楽しめるマリンスポーツ。南国・鹿児島や宮崎でSUPを楽しむマリンスポーツフリークも増えてきた。また、九州は何と言っても旅のスポットがいっぱい。特に、大河ドラマで注目を集めている鹿児島は、旅の目的地に最適なのだ。そんな鹿児島を目指して乗るフェリー「さんふらわあ」。去年新造船『さつま』が就航し、今年9月に同じく新造船『きりしま』が鹿児島・志布志航路に就航。より魅力的で楽しくなった船旅。そんな新しくなった船内をリポートしながら、南国での”SUP”を紹介していこう。

船内はまるで豪華ホテル『さつま』『きりしま』でいく鹿児島・志布志

大阪・南港と鹿児島・志布志を結ぶフェリー「さんふらわあ」だが、とにかく船に乗ってまずビックリするのが、豪華さと広さ! 船内というよりホテルにいるような雰囲気は、これまでも十分楽しかった船旅だが、楽しさにプラスしてさらに快適性が加わり、船の旅がより一層魅力的になった。その新造船をまずは紹介していくのだが、とにかく各部屋がすごくキレイで、機能的だ。どの部屋を選んでもゆっくりと船旅が楽しめるし、一晩だけで着いてしまうのがもったいないくらい。各部屋は前述したとおりだが、エントランスフロアや、パブリックスペースの広さや雰囲気も最高。プロジェクションマッピングタイムが設けられているなど、近未来的な装いも嬉しい。また、船旅の楽しみのひとつであるレストランは旬の食材が使用され、美味しくて品数も豊富で大満足。食べて寝て、そして起きたらもう鹿児島! 疲れ知らずで次の日めいっぱい遊べるというのが船旅の魅力だよね。想像以上に快適なフェリー「さんふらわあ」『さつま&きりしま』での船旅、キミもぜひ体験して欲しい!

エントランスホールで行われるプロジェクションマッピング。3階まで吹きぬけとなるこのエリアで20時になると映像が流される。四季の映像、海の映像、宇宙の映像など様々な絵が天井いっぱいに描かれていく。

船に乗っていることを忘れてしまうほど客室は素敵!

【スイートルーム】2~3名で泊まれるスイートルームがコチラ。バス・トイレ・洗面台まで設置されてかなり広い。窓の外には専用バルコニーも用意され、完全プライベート空間で船旅が満喫可能。全室海側でバリアフリーの部屋も用意されている。

バルコニーにのんびり腰掛けてゆったりとした船旅が楽しめる。スイートルームだからこその特権です!

【デラックス・和室】これは本当にビックリ!  船内に豪華な和室が用意されているのだ。ふすまに畳、日本茶と「ほっ」とすること間違いなし。船内でたった2部屋しかないので、予約はお早めに!!

【デラックス】大きな窓が特徴的なデラックスルームにも、シャワー&トイレが設置されている。2ベッド&ソファーでくつろぎのひとときが味わえるスペースだ。

【デラックス・ウィズペット】ペットと一緒に泊まれるデラックスルームもあるのです。廊下にはペットルームの文字&イラストが描かれていて、ドッグランもすぐ近くにあってとっても便利。

ペットはもう家族の一員。同じ部屋で一緒にいたいもの。しかし、部屋数が限られているので、そういう時はペットルームを利用することができる。とっても綺麗で各ルームともにスペースに余裕があって、ドッグランも用意されているから、ワンチャンはきっとストレスフリー。

【スーペリア】1~2名ならスーペリアルームがオススメ。個室になっていて、ベッド+ソファーという内容。ソファーを展開すればベッドになる。

【プライベートシングル】シングルルームだけど、横に奥までひと続きになっているのがこの部屋。グループで泊まるとオモシロイかも。7~9部屋が用意される。

【プライベートベッド】ひとり旅ならコチラもアリ。カーテンで仕切れるようになっているのがプライベートベッドルーム。ちゃんとTVも設置されているのです。

【ツーリスト】みんなでワイワイガヤガヤ泊まるならツーリストで決まり! だけど、寝る時はひとり分ずつカーテンで仕切れるようになっているのがイマドキです。

【ゲームセンターやキッズルームも完備】船内には売店やゲームセンター、キッズルームを完備。売店で販売されているレトルトカレーは、なんと1年半の期間をかけて味を追求!  船のカタチをしたクッキーも人気でっす。

【展望大浴場】海を見ながらのんびりできるのが展望大浴場。お風呂のほかに24時間使用できるシャワー室、パウダールームも用意されている。

美味しい料理をバイキングで満喫!

【船上レストラン】魚の刺身にローストビーフなど、旬の食材を使った自慢の料理がバイキング形式で楽しめる。朝食もボリューム満点で、絶対食べ過ぎちゃうよ~。

レストラン料金(夕食/朝食)大人 ¥2,000/¥620シルバー(満65歳以上) ¥1,650/¥620小学生 ¥1,350/¥410幼児 ¥720/¥310※アルコールは別料金

品数は豊富。海の幸から、和、イタリアン、中華などいろいろな食材が。ケーキやアイスクリームなどデザートも充実!

新造船「きりしま」も就航!こちらも豪華絢爛です

「さつま」に変わらず豪華絢爛なのが、2018年9月に就航した「きりしま」。基本的な設計は「さつま」に踏襲しているが、インテリアの雰囲気などが変えられていて、どちらに乗っても満足度は200%です。

【さんふらわあスケジュール&価格】さんふらわあターミナル・第2ターミナル↔︎志布志港(鹿児島)さんふらわあターミナル(大阪)第2ターミナル ↔︎ 志布志港(鹿児島)

月~金曜日 17:55発    →翌朝8:55着土曜日   17:55発    →翌朝9:40着日曜日   17:00発    →翌朝8:55着

月~木曜日 翌朝7:40着    ←17:55発金曜日   翌朝7:50着    ←17:55発土曜日   翌朝8:50着    ←18:30発日曜日   翌朝7:40着    ←17:00発

価格大人1名(中学生以上) ¥12,800~ハイエース1台(4~6m未満) ¥ 37,600※部屋はツーリストの場合。小人は大人の半額。時期により価格は変動します。ハイエースの料金は大人1名分を含む

フェリーさんふらわあ(大阪/志布志・鹿児島航路)TEL0120-3268-56 http://www.ferry-sunflower.co.jp





志布志についたらこちらへ

鹿児島県に着いたら雄大な桜島の観光はもちろん、指宿市の砂むし風呂もいかが!?  血行が良くなって、リフレッシュ間違いなし!

江戸時代初期、島津家19代光久により築かれた薩摩藩主の別邸がココ、仙巌園。大河ドラマのロケ地としてもよく利用される。見たことあるかな!?

そして、お楽しみの”SUP”は高松海水浴場へ

今回のSUPトリップは宮崎県串間市へ。宮崎県は良質な波が届くから昔からサーフィンのメッカとなっているけど、最近では徐々にSUP人気が高まってきているそうだ。そしてお邪魔したSUPスポットは宮崎県の最南端、高松海水浴場。波の穏やかなココを拠点にして、スクールを開催しているモンステラSUPのスタッフと一緒に、トリップを楽しんだ。楽しそうにSUPをしているハイスタガールの“ぺこチャン”は、実はこの日がSUP初体験! 初心者なのにスクールを体験すれば、ご覧のとおりボードの上にすぐ立つことができた。透き通った海の上に立てば、開放的な気持ちになれるコト間違いなし! 時間を忘れて、思い切りSUPを楽しめる。

モンステラSUP☎070-2345-7088https://supertetsu55.wixsite.com/sup1

鹿児島県志布志・鹿屋・宮崎県串間市を拠点にSUPスクールを開催する『モンステラSUP』。若くて元気のいいスタッフがそろっているから、初心者も大歓迎! しっかりレクチャーしてくれるゾ。スクールへの申し込みは、HPやインスタからOK。平日でも大丈夫!!

コース:1時間 ¥2,000 2時間 ¥3,500※ボード1台分。1台にライフジャケット1着を無料レンタル。2着目から¥500が必要

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『HIACE style編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • j_p*****|2018/10/10 08:14

    違反報告

    フェリーといえば以前は2等客室でみんなで雑魚寝が一般的だったけど最近乗ると2等もカプセルホテルのような個室になっていて快適だし、時間を有効に使えるので便利だが、片道5万円くらいかかるのでイマイチ客足が伸びないのかな
    それでも運送会社もドライバーの休息のために積極的に利用するとこも増えてきてるそうだ
    個人的には貨物列車に車を積んで、人は寝台列車で運んでくれる昔のレールトレインを復活させてもらいたい
  • sum*****|2018/10/10 08:16

    違反報告

    さんふらわあって大昔は東京から出てなかったっけ?
    関東から九州行くフェリーって中々無いんだよな。
  • jyk*****|2018/10/10 14:09

    違反報告

    寝床でもWi-Fi使えるようになっているのかな?
    以前利用した時は有料で、しかも事前申込してないとダムだった
    使える場所もロビーとかだけだったし

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します