現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】F1日本GPはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポールトゥウィン

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.9

【ニュース】F1日本GPはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポールトゥウィン

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーチャンピオン獲得に向けて大きく前進

ドライバーズランキングトップのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)と、これを追うセバスチャン・ヴェッテル(フェラーリ)の対決が注目を集めたが、予選でヴェッテルがタイヤ選択を失敗して予選9番手に沈んだのに対し、ハミルトンはポールポジションを獲得。明暗を分ける形となった。

決勝は朝から晴天に恵まれ、気温は28度、路面温度は40度まで上昇。ヴェッテルにとっては、レース序盤でのジャンプアップとタイヤマネージメントが大きなポイントなった。

決勝レーシでは上位勢が順当なスタートを切る中、ヴェッテルはすぐに5番手まで進出、さらにシケインで右フロントをロックさせたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がコース復帰の際にキミ・ライコネン(フェラーリ)を押し出すかたちとなり、その隙に4番手に上がる。そして8周目にはスプーンでフェルスタッペンのインに飛び込むものの、接触してスピンオフ。これで最後尾まで後退することとなってしまった。フェルスタッペンはコースオフするもののなんとか3番手をキープする。

レッドブルとフェラーリのバトルをよそに、快調に飛ばしたのがメルセデスAMGの2台、ハミルトンとバルテリ・ボッタスが悠々と1-2フィニッシュを飾る形となった。3位はフェルスタッペン。ヴェッテルは諦めず追い上げたが6位に終わった。

ハミルトンは独走で今季9勝目、通算71勝目、鈴鹿3連勝を飾り、セバスチャン・ベッテルとのポイント差を67点に拡大、次戦アメリカGPでタイトルを決める可能性が出てきた。トロロッソ・ホンダ勢は予選でトップ10に食い込む快走を見せたが、不可解なセッティング変更不許可もあり、ピエール・ガスリーが11位、ブレンドン・ハートレーが13位と、悔しいノーポイントに終わった。

■2018年F1第17戦日本GP決勝結果
優勝44L.ハミルトンメルセデス
2位77V.ボッタスメルセデス
3位33M.フェルスタッペンレッドブル
4位3D.リカルドレッドブル
5位7K.ライコネンフェラーリ
6位5S.ヴェッテルフェラーリ
7位11S.ペレスフォース・インディア
8位8R.グロージャンハース
9位31E.オコンフォース・インディア
10位 55C.サインツJr.ルノー
11位 10P.ガスリートロロッソ
12位 9M.エリクソンザウバー
13位 28B.ハートレートロロッソ
14位 14F.アロンソマクラーレン
15位 2S.バンドーンマクラーレン
16位 35S.シロトキンウイリアムズ
17位 18L.ストロールウイリアムズ
NC16C.ルクレールザウバー
NC27N.ヒュルケンベルグルノー
NC20K.マグヌッセンハース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン 松本雅弘)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します