現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】レッドブル・エアレース第7戦はグーリアン選手が優勝! 室屋選手はペナルティで敗退…。 2018年10月9日

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.9

【ニュース】レッドブル・エアレース第7戦はグーリアン選手が優勝! 室屋選手はペナルティで敗退…。 2018年10月9日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の三次元モータースポーツ、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第7戦は10月7日にアメリカのインディアナポリスで開催され、M.グーリアン選手(アメリカ)が優勝。室屋義秀選手はペナルティでラウンド・オブ14で敗退した。 (Photo:ⒸRed Bull Media House)

シーズンチャンピオン争いは三つ巴の戦いに!

第7戦のコースは、インディ500マイルレースでお馴染みの、インディアナポリス・レースウエイに設定された。アメリカン・モータースポーツの聖地には、週末をとおして約4万人の観客が来場した。

昨年は、この大会で優勝しシリーズチャンピオンを獲得した室屋選手。前戦の2位から、今戦こそは今シーズン初の優勝をと期待されていた。
3回のフリープラクティスから予選までを4位、2位、4位、5位と安定したフライトを披露していたが、決勝1回戦のラウンド・オブ 14で、13ゲートを水平から10度以上翼が傾いた状態で通過したために2秒のペナルティが課され、敗退。シーズンランキングも5位に後退し、今シーズンの4位以下が確定してしまった。
レース後、室屋選手は「フライト自体のクオリティとしては悪くなかったので、次のレースに向けてチームと目いっぱい準備を進めます。それが2019年の準備にもなるので、それをしっかりと行って1勝を取りたいと思います」と語った。

優勝したグーリアン選手は、アメリカ人としては2008年以来、10年ぶりにホームレースでの勝利をおさめ、再びシーズンランキングの首位に返り咲いた。2位はP.マクロード選手(カナダ)、3位はN.イワノフ選手(フランス)だった。
前戦までシーズンランキング1位だったM.ソンカ選手(チェコ)は室谷選手同様ラウンド・オブ 14で敗退して10位、同じく2位だったM.ホール選手(オーストラリア)はラウンド・オブ 8で敗退して6位に終わる。

この結果、シーズンランキングはグーリアン選手が70ポイントで1位、ソンカ選手が65ポイントで2位、ホール選手が63ポイントで3位となった。
最終戦は、11月17~18日のフォートワース大会(アメリカ)。ここで2018シーズンのワールドチャンピオンが決定するわけだが、室屋選手が今シーズン初優勝で有終の美を飾れるように期待したい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します