現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【インターモト2018】新発表のBMW・R1250GSとR1250RT。この2つのツアラーに新搭載のシフトカムテクノロジーがパワーに効く!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.8

【インターモト2018】新発表のBMW・R1250GSとR1250RT。この2つのツアラーに新搭載のシフトカムテクノロジーがパワーに効く!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中の多くのツーリストが選択するBMWだが、インターモト2018においてもBMWはその大本命となるツアラーモデルを2タイプ発表した。REPORT●大家伝(OYA Den)

旅へと誘う2つのBMW

    【オーナー目線で新型を見る!】“まだ発売前”の新型SR400を 旧型オーナーがチェックしてみた/ヤマハ

 BMWがインターモト2018でお披露目したのは、新しいR1250GSとR1250RTの2機種だ。どちらも当然のようにボクサーエンジンを搭載しているが、今回のハイライトとなるのが新型エンジンに搭載されるシフトカムテクノロジーだろう。これにより全域でのパワーアップと、燃費&排ガス性能の向上を実現している。

 シフトカムテクノロジーとは吸気側のバルブタイミングとストローク量を可変させるとともに、2つの吸気バルブの非同期開放によりスワールを強化。これらによってより効果的な燃焼を可能としたものだ。これに加えてカムシャフトの駆動方式をローラーチェーンから歯付チェーンへと変更している。

 また、従来の2つのライディングモードにプラスして、最適なトラクションを実現するASC(オートマティックスタビリティコントロール)、坂道での発進をサポートするヒルスタートコントロールも標準装備となっている点も見逃せない。

 オプション設定では、ライディングモード(ライディングモードプロ)、ダイナミックトラクションコントロールDTC、ABSプロ、ヒルスタートコントロールプロ、ダイナミックブレーキアシスタントDBCを選択することもできる。また路面状況等に合わせて自動でダンピング調整を行う新たなダイナミックESA“Next Generation”がR1250RTでも使用できるようになっている。

 その他、R1250GSではLEDヘッドライトが標準化。LEDデイタイムライディングライトは両モデルにオプション設定となる。またR1250GSには6.5インチ・フルカラーTFT液晶を装備、R1250RTでは5.7インチTFTカラー液晶×アナログスピードメーター&タコメーターを装備する。

R1250GS

R1250GS

R1250RT

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します