現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが「ヤリス(ヴィッツ)」でハイブリッド車のイメージチェンジを狙う 欧州初「GRスポーツ」第一弾

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.8

トヨタが「ヤリス(ヴィッツ)」でハイブリッド車のイメージチェンジを狙う 欧州初「GRスポーツ」第一弾

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ハイブリッド=スポーティというイメージ戦略

 10月4日から一般公開されているパリモーターショーで、トヨタは「ヤリス GRスポーツ」(日本名:ヴィッツ)をお披露目しました。じつはこのクルマ、欧州で初めての「GRスポーツ」です。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

「GR」(ジーアール)は、以前は「G’s」(ジーズ)と呼ばれ、昨年の秋から展開しているトヨタの量産スポーツブランドです。「走るのが楽しくなるクルマ」を目指して「GAZOO Racing」がモータースポーツ活動で得たノウハウや知見をフィードバックしてカスタマイズを施し、ディーラーで購入できるモデルになっています。

 なかでも「GRスポーツ」はカスタマイズの範囲を狭くすることで購入しやすい価格を実現したモデルで、日本ではスポーツカーの「86」に加え「アクア」や「ヴィッツ」などのコンパクトカー、「ノア」や「ヴォクシー」などのミニバン、そしてSUVの「ハリアー」にも幅広く展開されています。

「ヤリス」は「ヴィッツ」の欧州名ですが、今回発表された「ヤリス GRスポーツ」は欧州における「GRスポーツ」の初展開となります。ロータス譲りのスーパーチャージャー付1.8リッターエンジンを積むなど、より高度なチューニングを施した「ヤリス GRMN」からインスパイアされたモデルと、トヨタは説明します。

 エクステリアではベースとなったモデルと同じ形状のバンパーを使うのが、日本の「GRスポーツ」とは異なる部分です。しかし、ブラックハニカムグリルやアクセントに添えた赤いラインなどで、スポーティな印象を演出。ピアノブラックのドアモールや、ブラックドアミラー&フォグランプベゼルなど、細部でも違いが見られます。

■「ヤリス GRスポーツ」はハイブリッド専用車

 一方、インテリアで最大のトピックは、ウルトラスエードを張った「GR」スポーツシートの採用です。「86」と同じ3本スポークのステアリングホイールも備えました。

 もちろん、走りが楽しくなるチューニングのメインは、日本の「GRスポーツ」と同様に足回りです。ザックス製のハイパフォーマンスダンパーに専用のスプリングやスタビライザーを組み合わせ、車高はノーマル比11mmダウン。タイヤはブリヂストン「ポテンザ」の17インチで、ブラックのホイールにセットされています。

 興味深いのは、パワートレインです。なんとこの「ヤリス GRスポーツ」はハイブリッド専用車なのです。ハイブリッドシステムは日本の「ヴィッツ」や「アクア」と同じで、1.5リッターエンジン+モーターを組み合わせた「THSII」です。あえてハイブリッド専用としたのは、ハイブリッド+スポーツという先進的なイメージと、新しいスポーツカー像を作っていくためだと推察できます。

 なお、「ヤリス」標準車にはハイブリッドだけでなく1リッターや1.5リッターのガソリンエンジンもあります。

 この「ヤリス GRスポーツ」は、2018年内に欧州市場で販売が始まるそうです。「ヤリス」に続く第2段、第3弾の「GRスポーツ」はいったいどの車種が選ばれるのでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 工藤貴宏)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します