現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ アクセラ ハイブリッド、制御プログラム不具合で走行不能となるおそれ リコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.8

マツダ アクセラ ハイブリッド、制御プログラム不具合で走行不能となるおそれ リコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは10月5日、『アクセラ』ハイブリッド車のパワーマネジメントコントロールコンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2013年10月11日~2014年10月28日に製造された9335台。

ハイブリッドシステムにて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合に、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがある。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがある。

    マツダ アクセラディーゼルで挑んだ富士スーパーテック24時間の結末は!?

改善措置として、全車両、異常判定時の制御プログラムを対策仕様に修正する。制御プログラム修正後に素子が損傷して警告灯が点灯した場合は、電力変換器のモジュールを無償交換する。

不具合および事故は起きていない。取引先からの情報により届け出た。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します