現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「N-BOX」シリーズが日本で一番売れたクルマに! 2018年度上半期の新車販売台数第1位を獲得

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.6

ホンダ「N-BOX」シリーズが日本で一番売れたクルマに! 2018年度上半期の新車販売台数第1位を獲得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ホンダ「N-BOX」が上半期販売台数1位を獲得

 2018年10月4日、ホンダは軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」シリーズの2018年度上半期(4月から9月)における販売台数が11万7100台(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)となり、登録車も含む新車販売台数において第1位を獲得したと発表しました。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「N-BOX」は2017年9月にフルモデルチェンジを行ない、軽乗用車最大級の室内空間や、存在感のあるデザインに加え、全タイプに先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備。優れた走行性能と燃費性能により、軽自動車クラスのベストセラーとなっています。

 現在「N-BOX」シリーズは、スポーティな印象の「N-BOXカスタム」に、車高を低くしてカスタマイズカーのような雰囲気満載の「N-BOXスラッシュ」をラインナップしています。

 なお、2011年に初代「N-BOX」が発売され、2018年9月までのシリーズ累計販売台数は140万3970台となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します