現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プリウス 125万台、ハイブリッドシステムに不具合…改善措置を修正して3度目のリコール

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.5

プリウス 125万台、ハイブリッドシステムに不具合…改善措置を修正して3度目のリコール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は10月5日、『プリウス』のハイブリッドシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2009年3月23日~2014年11月12日に製造された124万9662台。

ハイブリッドシステムにおいて、異常判定時の制御プログラムが不適切なため、急加速時等の高負荷走行中に昇圧回路の素子が損傷した場合に、フェールセーフモードに移行すべきところ、移行できないことがある。そのため、警告灯が点灯し、ハイブリッドシステムが停止して、走行不能となるおそれがある。

    【ワークス合同試乗会】TRDは精悍なスタイルの2台、プリウス&ヴェルファイアに試乗

改善措置として、全車両、制御ソフトを対策仕様に修正する。制御ソフト修正後に素子が損傷して警告灯が点灯した場合は、電力変換器(DC-ACインバータ)のモジュールを無償交換する。

トヨタでは2014年2月、プリウスのハイブリッドシステムに起因する不具合が308件起きたことを受け、99万7000台を対象にリコールを届け出た。その後、2015年7月に『プリウスα』およびダイハツ『メビウス』にも同様の不具合が78件発生したとして、34万2401台を追加リコール。今回、改善措置に一部不備があったとして、その内容を修正して3度めのリコールを届け出た。

なお、ハイブリッドシステム不具合に起因する事故は起きていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cha*****|2018/10/05 19:33

    違反報告

    急加速が問題のリコールか。
    プリウス乗りは暴走運転が得意だが、それでもハイブリッドシステム不具合が起因の事故が起きてないのは意外。
  • kan*****|2018/10/05 20:47

    違反報告

    5年余りで120万台以上、年間20万台以上販売していたお化けモデルも4~9年経過すれば何かしらの不具合が出てきたわけだ。まだ中古車市場にあふれかえっているから、これを機に若干リーズナブルな価格になるのでプリウスの中古を狙っている方にとってはチャンスでしょうな。
    もちろん、トヨタ系列販売店認定の中古車でロングラン保証を付けるのはお約束。ハイブリッドカー中古はそうしないと安心できませんから・・・
  • ysf*****|2018/10/05 21:10

    違反報告

    トヨタ、3度めのリコール。
    車を作れないなら止めたら検査無しで販売か。
    「異常判定時が不適切でフューエルセーフモードに移行すべき所移行でないことがあります」
    車のコンピューターがバグってガソリン量を制御するが移行できないで暴走モードか。
    そしてフューエルセーフモードに移行して止まる。
    止まれば良いがバグって移行する信号を送った場合は、止まるのか暴走するのか保証できないではないか。
    「警告灯が点灯、システムが停止して走行不能となる恐れある」この場合フェールセーフ(徐々に速度を落とす)モードに入って運転者が止まりだした時に反応して、アクセル加速をすると、大事故に成る可能性が生まれる。
    年配者事故でブレーキを踏まずアクセルを大きく踏む事故が多発している。
    125万台リコールの何台暴走するプログラムに入るのか?
    改善措置として、全車両、制御ソフトと素子を交換して、DC-ACの交換。
    つまりこれも低電圧異常で基本回路。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します