現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ、ついにディーゼル車から完全撤退へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.5

ポルシェ、ついにディーゼル車から完全撤退へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独フォルクスワーゲン(VW)・グループ傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェのオリバー・ブルーメ社長はこのほど、独『ビルト・アム・ゾンターク』紙によるインタビュー取材の中で、ディーゼル車の販売から完全撤退する方針を明らかにした。

今後は、ハイブリッド技術や電動車に注力していくとした。ドイツの自動車大手では、ディーゼル車からの完全撤退を表明したのはポルシェが初めてとなる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ポルシェは現行(2018年2月から)のラインアップで、ディーゼル車を設定しているシリーズモデルはないものの、ディーゼル車から撤退する意向はこれまで明確にしていなかった。

ポルシェの広報担当者によると、ディーゼルモデルの需要は後退しており、2017年のポルシェの世界販売のうち、ディーゼル車は全体の12%だった。また、ディーゼル技術は重要な駆動技術であるものの、スポーツカーメーカーである同社にとっては、これまでも二次的な位置づけだったと説明している。ハイブリッド技術や電動車の分野に関しては、2022年までに60億ユーロ以上を投資する計画で、2025年には新モデルの2台に1台が電気駆動技術を搭載する(ハイブリッド車または電気自動車)見通しを示している。

独業界紙『オートモビルボッヘ』によると、ポルシェはこれまで何十年にも渡りディーゼル車をラインアップに持っていなかったが、SUVの発売により状況が変化した。VWグループ傘下のアウディから調達したディーゼルエンジンを搭載したSUVの販売を開始し、VWグループのディーゼル車のソフトウエア不正問題にも巻き込まれる事態となった。ポルシェは「カイエン」と「マカン」でリコールを実施。4月にはツッフェンハウゼンにあるポルシェ本社が当局の捜査を受け、幹部が当局に身柄を拘束される事態となった。

[提供元/FBC Business Consulting GmbH]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL CL編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mab*****|2018/10/05 06:53

    違反報告

    元々、日本で売ってないからあんまり関係ないよね
  • tak*****|2018/10/05 06:31

    違反報告

    ポルシェは元々ディーゼル問題の中心に居たのに、上手く逃げた感じかな。ポルシェとホルクスワーゲンは、これまでも業績の悪い時は互いに主導権がポルシェとホルクスワーゲンとの間で行ったり来たり。日本にディーゼルを販売するのはそろそろ辞めた方が良い。ディーゼルはトラック等の大型車だけで十分だ。トヨタの様に潔くディーゼルから早々に撤退するべき。自国でのディーゼル乗り入れ規制を実施しているのに、他国では良いのか。ユーロ6を満たそうが、ガソリンと比べるもない。
  • zaq*****|2018/10/05 12:41

    違反報告

    車としてはディーゼルより、EVの方がいいと答えをだしたんでしょう。
    後は蓄電や、バッテリーなど化石燃料や原子力の使用量ををなるべく少なくする技術に力を
    入れていってほしいですね。欧州全体に広がれば、世界的に動いていくでしょう。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します