現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブラザー工業:コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」3機種を新発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.4

ブラザー工業:コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」3機種を新発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラザー工業は、圧倒的な生産性を実現する工作機械コンパクトマシニングセンタ 「SPEEDIO(スピーディオ)」の新製品として「S300X2」「S500X2」「S700X2」を11月1日に発売する。

製品名:コンパクトマシニングセンタSPEEDIO S300X2/S500X2/S700X2
発売日(国内):2018年11月1日
標準価格*1
S300X2:759万円(本体価格:703万円)
S500X2:783万円(本体価格:725万円)
S700X2:841万円(本体価格:779万円)

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

目標販売台数 :200台/月

 ブラザーの小型CNC工作機械は1985年に発売して以来、特に金属部品加工の分野で高い支持を得ている。2013年および2014年にはX軸移動量が300mmの「S300X1」、500mmの「S500X1」、700mmの「S700X1」をリリースした。今回、新たに発売する「S300X2」「S500X2」「S700X2」は「S300X1」「S500X1」「S700X1」の後継機種で、高い環境性能はそのままに生産性、信頼性をさらに上げ、自動車、二輪車、一般機械など幅広い量産部品加工で、生産効率の向上を実現する。

■製品特長
【生産性の向上】低慣性モータ*2の採用、動作最適化による生産性の更なる向上
 主軸には低慣性モータを採用し、主軸の起動や停止にかかる時間を削減。さらに、工具交換動作や、早送り、動作のつなぎ部分の処理などを最適化することで速度低下を抑えている。これらにより前の加工を削り終えてから、工具交換し、次の加工部分の削り出しまでの削らない時間(非切削時間)の目安となる「Chip to Chip 1.3秒」を達成。部品1個あたりの加工時間を従来比約3%短縮させている。
*2 モーター自身の慣性を極力小さくしたモーターで、 俊敏にモーターの起動/停止が行える。

【排出機能の向上】切粉排出性の改善、サイクロンフィルター付きタンク(オプション)の新設
 切粉の加工室内での滞留対策として、X軸、Y軸おのおのに切粉が流れやすい山形テレスコカバー*3を採用。加工室からタンクへの切粉流路の形状の最適化などにより、切粉排出性を向上させている。
 また、新しくオプションとして設定したサイクロンフィルター付きクリーン槽内蔵タンク(オプション)はあらかじめ細かな切粉を分離除去し、フィルターやポンプの寿命向上に寄与する。
*3 テーブルを移動させる摺動面を、 切削油や切粉から保護するためのカバー




【省人化支援機能の追加】制御盤サイズ拡大、 主軸工具検出機能の搭載
 急速な省人化の需要の増加にともない、多くの工場で自動制御システムの搭載を前提とした機械が求められている。このことから、新シリーズにおいては制御盤サイズを大型化し、ユーザが自由に使用できる盤内エリアを拡張した。他にも主軸に工具が装着されているかどうかを工具交換時に監視し、工具の脱落による不良加工部品の発生を防止する機能を追加している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します