現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、「第45回 国際福祉機器展」に「N-BOXスロープ仕様」など出展

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.4

ホンダ、「第45回 国際福祉機器展」に「N-BOXスロープ仕様」など出展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダは、10月10日(水)から10月12日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」にて、「Fun for Everyone. Honda ~移動の喜びを一人ひとりに~」というテーマのもと、「N-BOX(エヌボックス)」スロープ仕様をはじめ、さまざまな福祉車両・福祉機器を展示する。


「N-BOX」シリーズは、2018年度上半期(2018年4月~2018年9月)に117,100台(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)を販売し、登録車を含む新車販売台数において第1位(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会および全軽自協調べ)を獲得した。
※関連記事:販売台数10万台突破! ホンダ「N-BOX」シリーズが2018年度上半期新⾞販売台数第1位

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

今回展示するスロープ仕様(2018年4月発売)は、荷室の床を引き出すとそのままスロープになるほか、手すりをワンタッチで設置できるなど、車いすに乗ったまま後席に乗車できる「車いす乗車モード」への切り替えを簡単な操作で可能とし、車いすの方、介助する方、双方にとってシンプルな使い勝手を実現した。

ホンダブースではほかにも、コンパクトなボディーながら車いす利用者も含めて最大6名が乗車可能な「FREED+(フリード プラス)」や、ホンダ独自の手動運転補助装置「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」など、各車両の特長を活かした福祉車両のラインアップを取り揃える。
さらに開会初日となる10月10日に発売予定のディーラーオプション「チェアサポートリフト」(STEP WGN(ステップ ワゴン)、FREED助手席リフトアップシート車/サイドリフトアップシート車専用)、「フローリングチェアマット」(FREED+車いす仕様車専用)の装着車を初めて公開する。

また、加齢や疾病などにより歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした機器「Honda歩行アシスト」や、障がいを持つ方の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用されている簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」を体験できるコーナーを設置する。

ホンダは、「より多くの方に移動の喜びを提案したい」という想いのもと、全国の四輪車販売店、Honda Cars(ホンダ・カーズ)で、車いす利用者のための駐車場の整備や店舗のバリアフリー化を行っている。
さらに、福祉車両の展示車・試乗車を配備し、介助士資格を取得したスタッフが在籍する「オレンジディーラー」(※)を展開しており、車いすでも安心して訪問できる店作りを行っている。現在、オレンジディーラーは全国に388店舗あり、今後も拡大を目指す、としている。
※:オレンジディーラーは、マスター店・ベスト店にわかれており、満たすべき要件はそれぞれ下記のとおり
・マスター店:助手席回転シート車1台以上、リフトアップシート車1台以上、車いす仕様車2台以上を配備、店舗のバリアフリー化、車いす駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が2名以上在籍
・ベスト店:車いす仕様車1台以上の福祉車両を配備、店舗のバリアフリー化、車いす利用者のための駐車場・バリアフリートイレを整備、介助士資格取得者が1名以上在籍
 

新商品(ディーラーオプション)の特長

チェアサポートリフト(STEP WGN、FREED助手席リフトアップシート車/サイドリフトアップシート車専用)
車いすの荷室への積載をサポートするリフト。最大30kgまでの車いすを電動式の巻き取り装置で楽に吊り上げることが可能(一部の電動車いすもバッテリーを外して対応可能)。不使用時は折りたたんでコンパクトに収納できる。
 
フローリングチェアマット(FREED+車いす仕様車専用)
車いすが乗り込むフロアに敷く温かみのあるフローリング調のマット。車内を部屋のような雰囲気にでき、汚れてもさっと拭ける防水ワイパブル仕様。車両フロアの段差をゆるやかにすることで、車いすのフットプレートが地面に対して低い(地上高65mm以上)場合でもスムーズに乗りこむことが可能。
 

主な出展車両/機器一覧

介護車/運転補助装置
・N-BOXスロープ仕様
・N-BOX Customスロープ仕様
・フリード+車いす仕様車
 ホンダアクセス製「オートサイドステップ」「フローリングチェアマット」装着
・フリード 助手席リフトアップシート車
 ホンダアクセス製「チェアサポートリフト」ほか用品装着
・ステップ ワゴン 車いす仕様車(2・3列目乗車タイプ)
 ホンダアクセス製「オートサイドステップ」装着
・ステップ ワゴン スパーダ サイドリフトアップシート車
・FIT(フィット)助手席回転シート車
 「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」装着
 
その他
・Honda歩行アシスト
・簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」
・運転補助装置モジュール
・八千代工業(株)製 陸上競技用車いす
 

【第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 開催概要】

・主催:全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
・会期:2018年10月10日(水)~10月12日(金)10:00~17:30
 ※最終日12日のみ16:00まで
・会場:東京ビッグサイト東展示ホール
・入場料:無料(登録制:事前もしくは当日)
 
ホンダ 関連情報
国際福祉機器展

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します