現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デンソーテン×トヨタ共同開発のハイレゾ対応サウンドパッケージ、2018年度グッドデザイン賞を受賞

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.4

デンソーテン×トヨタ共同開発のハイレゾ対応サウンドパッケージ、2018年度グッドデザイン賞を受賞

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンソーテンとトヨタ自動車が共同開発した販売店装着オプション「ハイレゾ対応サウンドパッケージ(プレミアムダブルツィーターシステム)」が10月3日、「2018年度グッドデザイン賞」を受賞した。同社の受賞は今回で累計37商品になる(共同受賞含む)。

ハイレゾ対応サウンドパッケージは、「ダブルツィーター」、「8ch高性能アンプ」に加え、フロントドア用の「プレミアムドアウーファー」で構成。ダブルツィーターは、運転席・助手席両方で、左右の音の到達タイミングを一致させることができ、両席ともにまるで目の前で演奏しているかのような音響空間を演出できる。ダブルツィーターのデザインは、対角線上にまっすぐ音を飛ばす指向性の強い「ホーンツィーター」と、正面へ遅延をかけた音を出す「ダイレクトツィーター」が異なる角度で接合されたもので、同時定位を実現するためにたどり着いた必然の形状だという。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

ダブルツィーターのエンクロージャーには、音の波形の乱れを抑制するために、角のない独自のラウンドフォルムを採用することで、デザイン性と機能性を両立。また、ピアノブラック・透明素材・金属など多様な素材を組み合わせることで、プレミアムの名にふさわしい上質感を演出している。

今回の受賞では、運転席・助手席の乗員に対して同時に対角線方向にアプローチするダブルツィーターのユニークなアイデアや、訴求力のあるデザインが高く評価された。

グッドデザイン賞は、国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します