現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > N-VANとハイゼットカーゴ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.2

N-VANとハイゼットカーゴ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手頃な維持費と扱いやすいボディサイズが魅力の軽商用車は、日本のビジネスシーンには欠かせない存在だ。また、安全装備の充実もトレンドであり、「ホンダ・N-VAN」と「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」には歩行者も認識する自動ブレーキが備わった。最新装備を纏い最前線で働く2台を比べてみた。

 軽商用車は一般的に、フロントシート下にエンジンを置き、乗員を車体の極力前方に座らせることで室内空間を最大限まで広げたキャブオーバータイプが主流だ。しかし、18年7月に新登場した「ホンダ・N-VAN」は「N-BOX」と共通のプラットフォームを採用し、エンジンは乗員の前に搭載される。そのため、室内の奥行きは競合車に一歩譲るが、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによって荷室の高さを稼ぐことに成功した。また、後席と助手席を前倒しすれば、オートバイを積めるほどの大空間に早変わりする。助手席側のダブルビッグ大開口による積み込みやすさと合わせて、使いやすさにこだわった1台だ。

    プジョーブースで箱スカGT-Rが復活!?【パリモーターショー2018速報】

 対する「ダイハツ・ハイゼット」は1960年の発売から累計生産台数600万台を超えるほど長い歴史と確かな実力を誇る。「ハイゼット カーゴ」は61年に登場した「ハイゼット ライトバン」から始まり、現行型で10代目となる。17年11月のマイナーチェンジで軽商用車として初めて歩行者も認識する衝突回避支援ブレーキが搭載され話題を呼んだ。また、フロントバンパー左右に着脱可能なコーナーピースを設定し、修理費用や交換作業の低減に貢献する。

 まずは、全体のサイズ比較から。

N-VAN L ホンダセンシング 全長×全幅×全高:3395×1475×1945mm ホイールベース:2520mm ミラーtoミラー:1860mm

N-VAN L ホンダセンシング
全長×全幅×全高:3395×1475×1945mm
ホイールベース:2520mm
車重:950kg
エンジン:直列3気筒DOHC
最高出力:53ps(39kW)/6800rpm
最大トルク:64Nm(6.5kgm)/4800rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:4.6m
JC08モード燃費:23.8km/ℓ
車両本体価格:134万1360円

ハイゼットカーゴ デラックス"SAIII" 全長×全幅×全高:3395×1475×1875mm ホイールベース:2450mm ミラーtoミラー:1720mm

ハイゼットカーゴ デラックス"SAIII"
全長×全幅×全高:3395×1475×1875mm
ホイールベース:2450mm
車重:930kg
エンジン:直列3気筒DOHC
最高出力:46ps(34kW)/5700rpm
最大トルク:60Nm(6.1kgm)/4000rpm
トランスミッション:4速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:4.2m
JC08モード燃費:17.8km/ℓ
車両本体価格:115万5600円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

N-VAN L ホンダセンシング

ハイゼットカーゴ デラックス"SAIII"

N-VAN L ホンダセンシング

ハイルーフ仕様のゲート開口高は1300mmと広い。USBオーディオ非装着車であれば、助手席格納時の最大スペース長は2635mmとなる。

ハイゼットカーゴ デラックス"SAIII"

ハイルーフ仕様のゲート開口高は約1160mm。一部には助手席前倒し機構も備わり、2630mmのスペース長を実現可能。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sey*****|2018/10/03 03:21

    違反報告

    ハイゼットの方が荷室がスッキリしてて広々で実用的だな!
  • y05*****|2018/10/03 15:35

    違反報告

    ハイゼットの圧勝。なぜエブリイ入れてないのか、この記事。
  • eee*****|2018/10/03 07:29

    違反報告

    比べるのならハイゼットキャディーとでしょう。

    乗り心地や燃費はN-VANやキャディーの方が良いでしょう。

    長尺物を積むことが多い方はカーゴかエブリイになり、初めから検討はしないと思います。

    個人的にはN-VANをと考えていますが、ターボ付きモデルだとキャディーの方が30万円以上も安いですね。
    後部座席が付けばキャディーにするかもしれませんね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します