現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニュース】楽ナビとサイバーナビに新製品を発表。市販ナビも大画面時代に突入!

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.3

【ニュース】楽ナビとサイバーナビに新製品を発表。市販ナビも大画面時代に突入!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月2日、カーナビブランド「カロッツェリア」をもつパイオニアは、楽ナビ10機種を発表。さらに、ハイエンドモデルであるサイバーナビ Xシリーズに1機種を追加した。

楽ナビが9インチ、サイバーナビ Xシリーズが8インチ大画面に!

その名のとおり、使い勝手の良さに定評のある楽ナビが2018年冬モデルにモデルチェンジし、これと同時に、9型ワイド画面を持つ「AVIC-RQ902」をカロッツェリアとして初めて投入してきた。従来までも8型ワイド画面を持つモデルを用意してきたが、近年のカーナビ大画面化の流れに乗るようにラインアップを拡充してきた。

9V型ワイドXGAモニター搭載「AVIC-RQ902」は、ワイドVGAの約2.4倍にあたる2,764,800画素の高画質ワイドXGAモニターを採用し、地図表示を見やすく、映像も大迫力に楽しむことができる。従来どおり8型ワイド画面の「AVIC-RL902」もラインナップしている。

価格はオープン。

大画面化の流れはハイエンドモデルにも! ついにサイバーもデッカく

高音質技術と高音質パーツを惜しみなく投入したハイエンドカーナビ「サイバーナビ Xシリーズ」に、8型ワイドの大画面モデル「AVIC-CL902XS」を追加(発売は12月)してきた。車種ごとに設計された8型ワイドカーナビゲーション取付キット(別売)により、コンソールにフィットする取付けが可能となる。

すでに販売されている7型ワイドモデルの「AVIC-CZ902XS」と同様、銅メッキパーツを駆使したノイズコントロールが施されている。本体の側面と背面だけでなく内部にも銅メッキを、さらに銅メッキビスを使用することで、カーナビ基板とオーディオ基板の間のノイズを徹底的に遮断。その他いくつもの技術で徹底的かつ緻密にノイズをコントロールする。

価格は30万240円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • wcl*****|2018/10/03 14:15

    違反報告

    こんなに高くてブルーレイも見れないのか。ってかカーナビの画面にグーグルマップ出したら売れそう。
  • lld*****|2018/10/12 02:47

    違反報告

    >市販ナビも大画面時代に突入!

    いつの時代の話をしてるんだ?
    今時、カロナビを選ぶ奴なんて昔の信者くらいだしカロナビの大画面化は相当遅い。

    他メーカーはとっくの昔に取扱ってるし、イクリプスなんて取り扱いすら終わって別の機能に手を付けてる。

    カロナビが一番良いとされてた時代なんてはるか昔。

    アルパインの方が合理的だし、ユーザーの求めてる機能を分かってる。

    大画面の時代なんて数年前から始まってるし、今はそれを当たり前として次世代の機能を付けようかって時のカロナビ大画面参入だもんな。

    操作レスポンスは数十年前と進化してないし、独自機能はフリーズする原因にもなるし、アップデートする度に別の不具合が起きるし、便利でも何でもなく使えない機能を付加するからいまだに価格が高いし、カロナビは選べないよね。
  • mat*****|2018/10/12 06:39

    違反報告

    アラウンドビューなど、自動車メーカーとの連携が欲しいよね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します