現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車登録台数、1.9%減の157万7732台で4年ぶりのマイナス…2018年度上半期

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.1

新車登録台数、1.9%減の157万7732台で4年ぶりのマイナス…2018年度上半期

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車販売協会連合会は10月1日、2018年度上半期(4~9月)の新車販売台数(軽自動車除く)を発表。前年同期比1.9%減の157万7732台と4年ぶりに前年を下回った。

車種別では、乗用車が同2.3%減の135万8575台。このうち、普通乗用車が同1.1%増の73万1790台、小型乗用車が同6.0%減の62万6785台だった。貨物車は同1.4%増の21万3187台。内訳は普通貨物車が同4.7%増の8万7022台、小型貨物車が同0.7%減の12万6165台だった。バスは同21.9%減の5970台だった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ブランド別では、2位 日産は19万9494台(3.4%増)と順調に販売を伸ばしたが、首位トヨタは69万8542台(5.6%減)、3位ホンダも17万2475台(4.7%減)と伸び悩んだ。そのほか乗用車ブランドでは、マツダ、スズキ、レクサス、三菱、ダイハツがプラス。スバルはマイナスだった。

1位:トヨタ 69万8542台(5.6%減)

2位:日産 19万9494台(3.4%増)

3位:ホンダ 17万2475台(4.7%減)

4位:マツダ 8万1852台(7.1%増)

5位:スズキ 6万4770台(20.0%増)

6位:スバル 5万4493台(20.6%減)

7位:いすゞ 3万7156台(4.8%減)

8位:日野 3万3514台(8.3%増)

9位:レクサス 2万2774台(29.2%増)

10位:三菱自動車 2万0965台(24.0%増)

11位:三菱ふそう 2万0255台(6.3%減)

12位:ダイハツ 1万6773台(7.3%増)

13位:UDトラックス 4788台(6.0%減)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • qyq*****|2018/10/01 21:06

    違反報告

    スズキ、日産といった悪質な会社の車の販売台数が増えている。
  • kan*****|2018/10/01 22:47

    違反報告

    小型乗用車と普通乗用車の違いは、単に3ナンバーか5/7ナンバーかの違いなので、それだけ5ナンバーサイズのヒット車種が少なくなり、幅が広くなった3ナンバー車が増えた証拠。皆、仕方なく肥大化したクルマを選んでいるか、軽乗用車に行くかしている結果、軽の販売が好調と言う事はやはり国内市場はあまり野放図にクルマをでかくしても顧客はついてこない。といえそうだ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します