現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2018年度上期の新車総販売は横ばいの248万台

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.1

2018年度上期の新車総販売は横ばいの248万台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が10月1日に発表した2018年度上期(4~9月)の新車販売統計(速報)によると、総販売台数は前年同期に比べて横ばいの248万2915台となった。

登録車は微減だったが、軽自動車が堅調だった。計算上の伸び率は横ばいだが、台数は前年同期より81台多く、2年連続で前年を上回った。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

このうち登録車の販売は1.9%減の157万7732台と、ほぼ横ばいだが、上期では14年度以来、4年ぶりのマイナスとなった。各社が出す新モデルは当初、好調な売れ行きとなるものの、息切れするケースも目立っており、力強さを欠いた。

一方、軽自動車は3.5%増の90万5183台と、上期では2年連続でプラスとなった。軽自動車は14年度の消費税、15年度の軽自動車税の増税によって、14年度から16年度まで長期の低迷が続いていた。しかし、地方部を中心とした根強い需要に支えられ、各社の新モデル投入もあって17年度からは回復に転じた。その傾向はここまで1年半持続している。

9月単月の新車総販売台数は前年同月比2.0%減の48万5397台と、3か月ぶりのマイナスとなった。このうち登録車は、3.1%減の30万8324台と、2か月連続のマイナスだった。ブランド別では日産(3.2%増)や、スズキ(15.8%増)が前年を上回ったものの、トヨタは6.9%減と3か月ぶりにマイナスになった。完成検査問題を抱えるSUBARU(スバル)は7.0%減で、17年11月から11か月連続でのマイナス。

9月の軽自動車販売は横ばいの17万7055台。伸び率は横ばいだが、台数ではわずかに前年同月を上回り、7月から3か月連続のプラスを確保した。メーカー別では『ジムニー』など新モデルが好調なスズキが5.7%増となり、販売シェアは30.3%だった。ダイハツ(28.7%)を抑え2か月連続でシェアトップになった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します