現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ・ジャパンも不適切な燃費、排ガス抜き取り検査、海外メーカーで初

ここから本文です
業界ニュース 2018.10.1

アウディ・ジャパンも不適切な燃費、排ガス抜き取り検査、海外メーカーで初

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、アウディジャパンが燃費、排出ガスの抜取検査で不適切な取り扱いを行っていたとの報告があったと発表した(9月28日)。

日産自動車、スバルが燃費と排出ガスの抜取検査で、不正を行っていたことが発覚したのを受けて、国土交通省は他の自動車メーカー、輸入車事業者に対して同様の不適切な取り扱いの有無を調査し、結果を1カ月以内に報告するよう要請した。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

各社の調査結果は、海外生産メーカーとの関係から報告が遅れていた輸入事業者3社を除いて報告、マツダ、スズキ、ヤマハ発動機で不適切な取り扱いが見付かったと報告した。不適切な検査は、海外メーカーではアウディが初めて。

今回、輸入車事業者3社から報告があり、このうちアウディジャパンが排出ガスの抜取検査で不適切な取り扱いがあったと報告。フォルクスワーゲングループジャパンとボルボ・カー・ジャパンの2社は、不適切な取り扱いはなかったと報告したとしている。

アウディジャパンは、燃費、排出ガスの抜取検査で運転が測定モードに合わせられず失敗(トレースエラー)した測定を有効なものとして処理していたケースがあったことが判明した。2014年7月~2018年7月に抜取検査を行った692台のうちの37台で、リコールなどの対策は予定していないという。

国土交通省はアウディジャパンの報告内容を精査するとともに、必要な場合は厳正に対処するとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します