現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「X」がふたたび活性化しはじめた!──新型BMW X5が登場

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.30

「X」がふたたび活性化しはじめた!──新型BMW X5が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWは奇数と偶数でモデルのコンセプトを大きく変えている。たとえば、3シリーズはオーソドクスなセダンとステーションワゴン、4シリーズは4ドアクーペといった具合だ。

SUVの「X」シリーズも同様だ。さきごろ日本でも発売された「X2」は「X1」より遊びのあるスタイリングが特徴で、X1のほうは箱型スタイリングで実用性を重視している。同じことは「X3」と「X4」、「X5」と「X6」との関係にもいえる。

    これはイマドキのスニーカーのようなSUVだ!──スバル新型フォレスター「e-BOXER」試乗記

そんなモデルラインナップが敷かれるなかで、さきごろX5がフルモデルチェンジした。大型SUVの王道を歩むX5。4代目も先代同様、動力性能から快適性まで、機能や実用度を重視しているのを特徴とする。

BMWだけに、新型X5も走る喜びを重要視している。ダイナミックダンパーコントロールを標準装備し、コンフォートモードからスポーツモードまで、脚まわりの設定が選択可能である。

新型では動力性能の向上を謳っている。ボディロールを効果的に制御するというアダプティブ機能をもった「Mサスペンション・プロフェッショナル」と、後輪操舵システム「インテグラル・アクティブステアリング」が注目点だ。

パワートレインはガソリン版が3リッター6気筒ツインターボエンジンで、250kW(340馬力)の最高出力と450Nmの最大トルクを持つ。いっぽう、ディーゼルは3リッター6気筒シングルターボだ。195kW(265馬力)の出力と、620Nmの大トルクを発生する。

性能ぶりの一端を、静止から時速100kmまでの加速でみると、ガソリンエンジンのX5 xDrive 40iが5.5秒。ディーゼルのxDrive 30dが6.7秒と、ともに速い。

新しい技術は「エマージェンシーストップアシスタント」だ。ドライバーが走行中に急病にかかったりした場合、電子式パーキングブレーキのスイッチを引くことで起動する。その場合、車両は自動的に走行車線で停止するのだ(その他、ステアリングホイールを操作しながら路肩で停止、あるいはレーンチェンジも自動で行いながら路肩に寄せて停止することも可能)。

また先端的技術としては、デジタルキーも他のBMW車に先駆けて採用している。登録したスマートフォンをドアにかざせば解錠できるのだ。

「ニアフィールドコミュニケーション Near Field Communication」の技術により、車両がスマホを認識すればエンジンを始動することができる。オーナーを含めて6人でシェアすることが可能という。

「これからデジタルテクノロジーをあらゆるところでより広く採用していきます。アプリケーションでも、ユーザーインターフェイス(ダッシュボードのデザイン等)でも」

僕が先日話をしたBMWの技術者はそう語っていた。これを進化と呼ぶべきか。ユーザーによって判断は異なるかもしれないが、少なくとも新型X5は大きく変化するようだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 小川フミオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します