現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル フォレスター 新型に改善対策 電動リヤゲートステーに不具合のおそれ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.28

スバル フォレスター 新型に改善対策 電動リヤゲートステーに不具合のおそれ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARU(スバル)は9月27日、新型『フォレスター』(5BA-SK9型)の電動式リヤゲートステー取付用ブラケットに不具合のおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2018年7月3日~8月6日に製造された2044台。

電動式リヤゲートに取り付けられているリヤゲートステー取付用ブラケットにおいて、製造管理が不適切なためボールスタッドのカシメが不十分なものがある。そのため、リヤゲート全開の状態から、さらに上側に力を加えた場合、ボールスタッドがブラケットから外れ、リヤゲートやリヤゲートステーが降下し身体の一部にあたるおそれがある。

    新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい

改善措置として、全車両、ブラケットのボールスタッド部を点検し、カシメが不十分なものは、電動式リヤゲートステーを良品に交換する。

不具合は0件で、事故は起きていない。社内からの情報により発見した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 丹羽圭@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します