現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パイオニア、MEMSミラー方式の3D-LiDARセンサー提供開始へ 計測距離が異なる3種4モデル

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.28

パイオニア、MEMSミラー方式の3D-LiDARセンサー提供開始へ 計測距離が異なる3種4モデル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイオニアは、MEMSミラー方式で計測距離が異なる「3D-LiDARセンサー」3種4モデルの提供を9月下旬より順次開始すると発表した。

3D-LiDARセンサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握。レベル3以上の自動運転に不可欠なキーデバイスと言われている。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストな3D-LiDARセンサーの開発を進めており、昨年9月以降、検証用サンプルを国内外の企業に提供している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

今回、提供開始する3D-LiDARセンサーは、駆動部のないMEMSミラーを用いたラスタースキャン方式を採用。長距離測定用の「望遠タイプ」、中距離用の「標準タイプ」、近距離用の「準広角タイプ」と、計測距離の異なる3種類を取り揃える。また標準タイプには、3D-LiDARセンサーを2台組み合わせた計測幅の広い「デュアルタイプ」も用意。用途に合わせて異なるタイプを組み合わせることもでき、車両などに設置して動作検証を行うことができる。

パイオニアは今後、自動車関連をはじめとする幅広い業種の事業者向けに同機を提供し、さまざまなニーズにおける仕様などの検討を行うとともに、より精度の高い物体認識アルゴリズムおよび自車位置推定アルゴリズムの開発を推進。早期に実現が見込まれる限定エリアでの自動運転レベル4向け、その先の一般道での自動運転レベル3向け車両への搭載および次世代GISサービスなどへの活用を目指していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します