現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタとJR東日本、水素を活用したモビリティ連携---鉄道車両へのFC技術導入

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.27

トヨタとJR東日本、水素を活用したモビリティ連携---鉄道車両へのFC技術導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車と東日本旅客鉄道(JR東日本)は、鉄道車両に燃料電池(FC)技術を導入するなど、水素を活用した鉄道と自動車のモビリティ連携を軸とした包括的な業務連携を締結することで基本合意した。

JR東日本社有地を活用した水素ステーション整備、地域交通における燃料電池車(FCV)、FCバスの導入、鉄道車両へのFC技術の応用など、水素活用を軸として幅広い領域で協業を検討する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

具体的には、JR東日本が進める品川開発プロジェクトへの水素ステーション整備、鉄道に接続する地域交通へのFCV、FCバスの導入、JR東日本社有地を活用した東日本エリアでの水素ステーション整備・拡充の支援。

また、鉄道車両へのFC技術導入や、大量の水素を搭載する移動体の安全性などに関する技術研究などでも連携していく。

さらに、両社の連携がより地域に根ざした取り組みとなるよう自治体や企業・地域など、多くのステークホルダーに協調を呼びかけ、地域の発展や魅力ある地域づくりに貢献する水素サプライチェーンの構築を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します