現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガー初のピュア電気自動車SUV 新型「I-PACE」が受注開始 人工知能を使用してドライバーを認識する機能も装備

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.27

ジャガー初のピュア電気自動車SUV 新型「I-PACE」が受注開始 人工知能を使用してドライバーを認識する機能も装備

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■航続距離、最長470kmを達成したジャガー「I-PACE」

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のフルバッテリー電気自動車となるSUV「I-PACE」(アイペイス)の受注を2018年9月26日から開始しました。

    ジャガー・レーシング EVワンメイクレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」のレースカーを発表

「I-PACE」は90kWhリチウムイオン・バッテリーを搭載することで最長470km(WLTPモード)の航続距離を達成。ジャガー製モーターを2つ配置することで合計最高出力400PS、最大トルク696Nm、0-100km/h加速4.8秒の性能を発揮します。

 充電については、最大7kWのAC普通充電と100kWのDC急速充電(日本では50kWの CHAdeMO規格)に対応し、0%から80%までバッテリーを充電するのに、100kWの場合は約40分、50kWの場合は約85分、7kWの場合は約10時間で完了します。

 ほかにもジャガー初となる人工知能(AI)を使用した「スマート・セッティング」を搭載。リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介して、近づいてくるドライバーを認識し、ドライバーの好みに応じて温度設定やシート位置等を自動調整してくれます。

 また、2018年9月13日に新型が発売され話題になった「iPhone」に搭載される『Apple CarPlay』や、ルノー・日産自動車・三菱自動車と技術提携することで開発が進められている『Google Android Auto』の、両方に対応するコネクティビティも採用されています。

 電気自動車ならではの床面が平らな車体のため、センターアームレスト下に10.5リットル、リアシート後方に656リットルのラゲッジスペース(最大1453リットル)、リアシート下にはタブレットやラップトップの収納スペースなど豊富な積載量も実現されています。

 ジャガー・ランドローバーは、車両登録日から5年間、走行距離無制限の新車保証と、車両登録日から8年以内または走行距離16万km以内で、バッテリー容量が70%を下回った場合を対象にした、バッテリー保証も付帯するとも発表しています。

 ジャガーの新型SUV電気自動車「I-PACE」の価格(消費税込)は、959万円から1312万円となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します