現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【見てわかる福祉車両の種類】車いす仕様車(スロープ車)ってなに?

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.26

【見てわかる福祉車両の種類】車いす仕様車(スロープ車)ってなに?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、数多くのモデルに設定される福祉車両は、高齢の方、歩行が困難な方の移動を快適にするべく、目覚ましい進化を続けている。そこで、福祉車両をタイプ別に分けて、その機能を解説しよう。

 

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

こんな方に: 常時車いすを使用する方、クルマのシートへの移乗が困難な方に適しているのが、車いすに座ったままで乗車できる「車いす仕様車(スロープ車)」。近年は急速に軽自動車のワンボックスモデルにもスロープ車が設定されるようになった。車いすのほか、ストレッチャー(寝台)で乗車できるタイプもある。

 

特徴: スロープ車は、電動ウインチで車いすを引っ張るタイプが主流で、ウインチの機械部分を小型化することによって室内環境の改善や、スロープの軽量化、傾斜角度の減少などの改良も積極的に行われている。このタイプはミニバンが多く、広い室内スペースによって、高い機能性と快適性を備えるモデルが多いのも特徴。また、最近では車いすを利用しないときに、ベース車とほぼ同じシートレイアウトが可能なタイプも増え、購入のハードルが大幅に下がっている。

 

購入の際の注意点: 駐車場や自宅の出入り口にスロープを展開する十分なスペースはあるか、実際に介助者が使用できるかなどを確認しておきたい。

 



 まず、スロープを展開し、電動ウインチのフックを車いすにかけて、スロープを登っていく。乗車位置に到達したら車いすを固定する。
※この車両は、トヨタ エスクァイア 車いす仕様車(スロープ)タイプ Iです。
※写真の男性モデルの身長は180cmです。

 助手席のすぐ後ろ(2列目)に車いす乗車できるタイプ(写真左)は、ドライバーとのコミュニケーションが取りやすく、介護もしやすい。スタンダードな最後列中央へ乗車するタイプ(写真右)とのどちらも選べ、また同時に2台の車いすで乗車できるモデルもある。

 ウインチベルトの調整を行うスイッチ。引き出すとき、収納するときにはベルトをリリースし、乗車時にはロックする(写真上)。エアサスペンションで車高を下げ、スロープの角度を緩やかにして乗り降りをラクにするモデルもある(写真下)。

【見てわかる福祉車両の種類】車いす仕様車(スロープ車)ってなに?はBelieve - ビリーヴ ジャパンで公開された投稿です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Believe Japan )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します