現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タミヤ、RCバギーの名車「グラスホッパー」がコミカルに変身…全日本模型ホビーショー2018

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.26

タミヤ、RCバギーの名車「グラスホッパー」がコミカルに変身…全日本模型ホビーショー2018

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タミヤは、9月29日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「全日本模型ホビーショー」に出展し、今秋以降に発売する多数の新製品を発表・展示する。

タミヤブースではスケールモデル、RC(ラジオコントロール)モデル、ミニ四駆、工作模型など、各ジャンルのラインアップを一挙公開。会場では各製品の開発担当者が詳しい商品内容を説明する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

RCモデルでは、1980年代から現在まで、多くのファンに愛されるオフロードバギーの名車をディフォルメした「コミカルグラスホッパー」が登場。ワイドなバブルタイヤによる走破力にウイリー走行も可能。ゆかいなドライバー人形も乗って遊び心たっぷりの仕上がりとなっている。

スケールモデルでは、1968年に始まりミリタリーモデルの世界基準となったタミヤ「1/35MM(ミリタリーモデル)シリーズ」に注目だ。50周年を迎えた「1/35ミリタリーミニチュアシリーズ」からは「M3A1スカウトカー」「M551シェリダン」などの新製品をはじめ、各種記念アイテムも登場する。

ミニ四駆では、トヨタに悲願のルマン初制覇をもたらした「TS050 HYBRID」がいちはやく登場。空力を追求したフォルムをポリカーボネート製ボディで再現している。また歴代ミニ四駆の中で人気・知名度ともにトップの「アバンテJr.」がスペシャルキットとして復活する。

工作模型では、モノづくりを通して、子ども達の発想力や創造性を育む「チェーンプログラムロボット工作セット」が登場する。新製品は、コンピューターを使わないプログラミング学習の教材として活用できる新タイプのロボット工作。「繰り返し実行」のコマンドを再現したメカニズムと動きを会場で披露する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sxs*****|2018/09/26 21:39

    違反報告

    グラスホッパー懐かしいー!
    自分が小学生の頃はミニ四駆が流行って、その流れでラジコンも流行ったなー。
    グラスホッパーはラジコンでも比較的安価だったけど、アバンテは高嶺の花で全く手が出せませんでした。
  • pri*****|2018/09/26 22:12

    違反報告

    グラスホッパー懐かしいですね〜
    当時ハマって毎年買ってたなぁ…
    ファイティングバギーやマイティフロッグ、ホッグヘブンやマルイのビッグベアーダッツン… どうしても友達のスコーピオンに勝てなかったのも今はいい思い出
  • sto*****|2018/09/26 23:54

    違反報告

    自分が最初に買ったRCがグラスホッパーだった。 ポリカじゃない安いプラ製ボディでコンデンサが熱持って最後は火ダルマになったな。危険なマシンだった。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します