現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「車両本体価格」だけを基準にクルマの値段を論じるのはユーザーのためにはならない

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.24

「車両本体価格」だけを基準にクルマの値段を論じるのはユーザーのためにはならない

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長らく「輸入中古車評論家」なる看板を掲げて売文稼業をしてきた自分だが、ここ最近は国産新車方面の稼業も少々やらせていただいている。それどころか、気づいてみれば現在の自家用車はスバルXVで、その前はマツダの初代ロードスター。「クルマはやっぱ輸入車に限るぜ」みたいなこだわりは、自分のなかで今やほぼ消滅している。

それはいいのだが、しかし正直「国産車ってのは意外と高いなあ」とは思っている。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

カローラスポーツも総額はなんだかんだで300万円弱に

過日、CLCARSとは別の媒体でトヨタ カローラ スポーツの試乗記を書かせていただいたのだが、書きながら、価格を調べていて少々驚いた。

カローラなのに総額300万円近くになるではないか。

自分が試乗記の題材として取り上げたカロスポは、お高いハイブリッド版ではなく、比較的お手頃な1.2Lガソリンターボの「G」というやつ。車両本体価格は222万4800で、つまり「だいたい220万円」ということだ。

「220万円? まあまあお安いやんけ!」と一瞬喜んだ自分だったが、クルマというのは当然ながら車両本体価格だけでは買えず、さまざまな諸費用もかかる。そして新車の場合は「オプション装備」ってやつもそれなりに必要となるものだ。

自分はトヨタ公式サイトのコンフィギュレーターにて、見積もりシミュレーションを開始してこました。

有償カラーを選ぶのも癪なので、ボディ色は無償のテーマカラーである「シアンメタリック」で良しとして、内装も無償の「ブラックファブリック」でOKということに。しかしカーナビは必要だべということで、それを付けようとすると……カタログ写真に使われている洒落た「T-Connectナビ 9インチモデル(ステアリングスイッチ付)」は、なんと25万4880円もするではないか。

ぐぬぬ……と唸りつつ、「9インチではなく7インチのT-Connectナビにすれば15万3360円で済むなぁ」とか「や、9万6120円也のエントリーナビ(ステアリングスイッチ付)でも十分なのではないか?」などといろいろ考えるわけだが、こういうケースではだいたいのところ、商談の現場では「ま、せっかくだから9インチにしましょうか! うわっはっは」などとやってしまうのが人間というもの。たぶんだが、自分もそうしてしまうだろう。

そのほか「ETC2.0ユニット(ビルトイン)・ナビ連動タイプ(光ビーコン機能付)」を付けて「カメラ一体型ドライブレコーダー」「バックガイドモニター」を付けると、それだけで支払総額は278万8240円に達する。約280万円だ。

だが本音を言えば、これらに加えて「サドルタン 本革+メランジ調ファブリック」や「マルチビューバックガイドモニター」等々も付けたいので、そこまでの全部盛りにすると支払総額は約301万円に達する。実際は多少の値引きがあって280万円とか290万円とか、だいたいそのぐらいだろうか。

スポーツとはいえ「カローラ」で300万円弱。……正直、微妙である。

筆者のスバルXVも支払総額は300万円以上

しかしこれもカロスポに限った話ではなく、多くの国産車はこんなニュアンスであるはずだ。

実際、自分の自家用車であるスバルXV 2.0i-L EyeSightというクルマも、車両本体価格は248万4000円ということで「なかなかお安いやんけ」と思ったわけだが、やはり20万円ぐらいする純正ビルトインナビや、値段は忘れたが「アドバンスドセイフティパッケージ」やらの諸々を付けていくと、総額はあっという間に300万円を大きく超えた。そしてそこからなんだかんだの値引き交渉をして、やっと「総額300万円ちょい」に着地させたというのが実態なのだ。

カタログ上の車両本体価格と「実際の支払総額」にここまで大きな乖離があるのは、結局のところ、国産車の多くが「オーディオレス」だったり「カーナビレス」だったりする状態での価格をドドーンとメイン表示しているからで、それこそが事の元凶であると思っている。

しかし自分は、それを責める気にはなれない。

なぜならば、そういった長年のオーディオレス的カルチャーが(どうやら)国産車の世界にはあるようだからというのが、まずひとつ。部外者というか新参者が、その世界の長年のカルチャーにギャンギャン口を挟むのは、少々気が引けるものだ。

そして第二に、カーナビというか、バックカメラやらドラレコやらを含むその手の機械製品の高性能化・高機能化により、それらがなかなかお高い価格になったのも致し方ないよね――と思うからである。そりゃあ洒落た最新の純正ビルトイン大型ナビを20万円ではなく7万円ぐらいで付けてくれれば言うことなしだが、なかなかそうもいかないのが世の中というものであろう。

「車両本体価格」だけを基準にクルマの値段を論じる愚

それゆえ自分は思うのだが、というか「自動車評論家」を名乗って各メディアに試乗記等を寄稿している人らにお願いがある。

それは、頼むから車両本体価格だけを基準に「今度の○○はリーズナブルで戦略的な価格設定だ」とかなんとか言わないでくれ――ということだ。

無論、諸費用やオプション装備もコミで考えたうえで安い・高いを論じてらっしゃる書き手もたくさんいることは、自分も知っている。

だがいまだに「カローラスポーツも、ハイブリッドではなく1.2Lターボのほうなら210万6000円から。なかなかリーズナブルな価格設定と言えよう」的にハンパなことを言う書き手を、たまに見かけることがあるのだ。

あなたはメーカーの広報車を2~3日借りるだけだからそれでいいのかもしれないが、ユーザーは、命と健康と愛の次ぐらいに大切な「自分のゼニ」を出して、クルマを買うのだ。そこに敬意を払う必要……は特にないのかもしれないが、少なくとも、そこについてもっとリアルに考える必要と義務が自動車ライターにはあると、自分は考えている。

今回はやや愚痴めいたことを書いてしまった。申し訳なく思う。

そして柄にもなく少々真面目なことを書いてしまった。恥ずかしく思う。

[ライター/伊達軍曹]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CL 伊達軍曹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します