現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初代セルシオから始まり軽にまで普及した自発光式メーターって何? そのメリット・デメリットとは

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.22

初代セルシオから始まり軽にまで普及した自発光式メーターって何? そのメリット・デメリットとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昼夜問わず視認性は高いがヘッドライトの点灯忘れという弊害も

 夕方や夜間に使うメーターの照明がメーター自体を明るくする通常のアナログメーターに対し、メーターの裏側から照明を当て常時発光させ、画面が浮き上がるように見える自発光式メーターは今では軽自動車にも使われているくらい普及が進んだ装備である。自発光式メーターは1989年登場の初代セルシオでオプティトロンメーターの名前で初採用された。

    クルマが年々肥大化するなかトヨタ クラウンが大きくならない理由とは

 メリットとしては、明るく、画面もきれいで視認性が高い。なおかつキーをオフにしている状態では真っ黒なメーターパネルが、キーをオンにするとメーターパネルが現れる姿には美しさやカッコよさが感じられる。(そのため普及が進む前はHIDヘッドライトのように憧れを持つクルマ好きも多いステータスのある装備だった)。

 当初は初採用が初代セルシオだったことからもわかるとおりコストも高く、採用は高級車からだった。最近では採用するクルマが増え、生産が増えるとコストダウンも進み、今では当たり前の装備となった。

 デメリットとしては、メーターが常時発光しているので、周囲が暗くなったことをメーターの暗さで気付くことができない。そのため、メーター内にライトオンの表示はあるにせよ、暗くなっても街灯や施設の照明で明るい市街地などでライトの点け忘れにつながりやすい。

 今では周囲が暗くなると暗さの度合いに応じて自動でポジションランプ、ヘッドライトが点くオートライトが普及。そのためこのデメリットも、オートライトをオンにしておけば、自発光式メーター車によるライトに点け忘れはかなり防げる。

 なお自発光式メーターは輸入車ではあまり普及しなかった。だが、ここ数年輸入車は比較的低コストで、自発光式メーターのメリットに加えて、○○モードのようなメーターの切り替えにも対応しやすいなどの広い拡張性を持つ液晶メーターの普及が進んでおり、付加価値のあるメーターは液晶メーターがメインとなりそうだ。日本車も自発光式メーターの次は液晶メーターが普及するのかもしれない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 永田恵一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • max*****|2018/09/22 21:54

    違反報告

    自発光メーターがトンネルや、夜道でぼ前照灯を点けない理由であるなら対策をするべき。
    ドイツのメーカーの車で、日中も発光するメーターでしたが周りが暗くなって来たときに、ライトのスイッチがautoかonになっていないとメーターの発光がオフになる車に乗った事があります。 自分が周りから見えない事を運転者に気付かせる良い仕組みだと思いました。
  • ray*****|2018/09/22 20:46

    違反報告

    発光は否定しないけど、
    エンジンの状態・・・燃費走行かパワフル走行かで色が変わるとか、無駄な主張は控えてほしい。
  • xpj*****|2018/09/22 20:49

    違反報告

    自発光式メーターは玉切れ時の修理が大変です。
    メーターユニット外してメーター全バラしして基板のSMD(LEDチップ)を半田小手2本使って外して打ち換えないといけません。DIYの中では難しい部類の作業だと思います。
    保証切れてからディーラーでユニット交換だと10万円前後と高額です。昔の豆電球照明の時は簡単でした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します