現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型CR-Vと先代CR-Vの新旧比較。ボディサイズや室内空間、使い勝手までを徹底チェック!

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.22

ホンダ新型CR-Vと先代CR-Vの新旧比較。ボディサイズや室内空間、使い勝手までを徹底チェック!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルで展開され、安定した人気を誇るCR-V。居住空間の広さと力強い骨格をテーマに五世代目へとバトンが渡された。新型のパワートレーンにはハイブリッド仕様が加わり、2列目仕様と3列目仕様を揃えるなどバリエーションが大きく拡大した。ロングセラーとなった四世代目と比較をすることで、新型の進化を探っていこう。

まずは、ボディサイズからチェックしていこう

    ホンダN-VAN、スズキ 新型ジムニーから読み解く、これからのヒット車の条件!

先代CR-V 24G・レザーパッケージ(乗車定員:5名)
全長×全幅×全高=4535mm×1820mm×1685mm
ホイールベース=2620mm
ミラーtoミラー=2080mm


CR-VはミッドサイズのSUVのベンチマークといえる人気モデル。主たる市場が海外のため、代を重ねるごとに大きく豪華に進化を遂げている。居住性も良好で、乗員すべてが快適に過ごせる空間を確保。2.0ℓエンジンを積んだFFの「20G」と2.4ℓエンジンを積んだ4WDの「24G」を揃える。

新型CR-V EX・Masterpiece(乗車定員:5名)
全長×全幅×全高=4605mm×1855mm×1680mm(4WD車は1690mm)
ホイールベース=2660mm
ミラーtoミラー=2115mm


新型はホイールベースが40mm延長されて、2660mmまで広がった。ボディサイズも先代比で全長が+70mm、全幅が+35mm、全高が+5mmと全方向で拡大。歴代最大の乗員空間へと進化を遂げた。新型は1.5ℓ直噴ターボエンジン搭載モデルのほかに、ハイブリッド車も選択可能。

次にインパネまわり、シートの比較をしてみよう

フラットに左右を繋ぐデザインは開放的で、運転が苦手な人でも安心感が得られる設計となっている。SUVでは珍しいインパネシフトも違和感なく操作できる。センターディスプレイの恩恵で、最小限の視線移動で車両情報をチェックできるなど、機能性の面でも優秀だ。また、センターコンソールボックスの容量もたっぷり。ボックスティッシュも余裕をもって収納できるサイズで、シャッターを閉じればテーブルとしても使用可能。センターコンソールボックスは、新型で大きく変化し、パワーアップしている箇所なので注目してもらいたい。

インストゥルメントパネルに使われているソフトパッド素材やシルバーや木目の加飾など、全体的な質感が大きく向上している。左右に伸びる直線基調のデザインは、スッキリしていて開放感が高い。今回のインテリア造形の目玉といえるのが、3つのモードでスマートに使い分けられるセンターコンソールボックス。大型の可動式トレーは取り外し可能で、ハンドバッグなども置ける大容量開放モードにもなる。ちなみにドリンクホルダーは左右に並べて配置されている。開発の最終段階で、「ドリンクホルダーをもっと使いやすくしたい」という声に応えて、位置を上下から左右に変更されたという経緯がある。

低いフロアながら着座位置の高い運転姿勢で見晴らしは良好。驚くのは後席の広さで、中でも膝まわりの余裕は4.5m級の全長からは想像できないほど。そんな高効率パッケージングがCR-Vの持ち味だ。「レザーパッケージ」の運転席は8ウェイパワーシートとなる。後席は荷室脇にあるレザーを引くだけで簡単に折り畳める。格納は座面が前方に跳ね上がった後で、背もたれが倒れる仕掛け。

2列シート仕様は広々した居住空間を実現。さらに、新型では同じパッケージで3列シート仕様もラインナップに加えた。2列目シートは先代に対してシートクッションを30mm、シートバックを30mm延長し、さらにサイドサポート部に厚みを持たせてかけ心地の良さと上質感を追求。3列目の足元は扁平化した燃料タンクをより前方に配置するなどして、ゆとりを演出。シート表皮はファブリックとレザーの2タイプを用意。どちらも立体感がある形状となっている。

最後にラゲッジスペースを確認していこう

■先代CR-V 24G・レザーパッケージのラゲッジルーム
 奥行き(通常時)965mm
 奥行き(最大時)1620mm
 荷室幅1065mm


5名乗車時で589ℓ、後席格納時には1146ℓというクラスを超えた広さが誇らしい。倒したシートがスロープ状になるためフルフラットとはいかないものの、後席はレバーを引きだけのワンアクションで倒れるのは実用的。床面が低いので、荷物を高く持ち上げることなく積める。

■新型CR-V EX・Masterpiece 3列仕様車のラゲッジルーム
 奥行き(通常時)355mm
 奥行き(3列目格納時)925mm
 奥行き(最大時)1800mm
 荷室幅 1045mm


2列仕様の通常時の容量はガソリン車で561ℓ、ハイブリッド車で499ℓを確保。最大時の容量はガソリン車で1123ℓ、ハイブリッド車で1061ℓまで広がる。2列目シートは倒すのも起こすのもワンアクションで可能。格納時の床面はフラットになるのもうれしいポイント。3列シート仕様のフル乗車時の容量は150ℓ、2列&3列目を倒すと936ℓまで広がる。小さめだが、カーゴアンダーボックスも備えている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan ニューモデル速報)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します