現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスRCとBMW435iクーペ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.18

レクサスRCとBMW435iクーペ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優雅なスタイリングと走行フィールが魅力の2ドアクーペ。欧州車では一般的なボディタイプだが、国産車では徐々に数を減らしていった。その主な理由に実用性が挙げられるが、果たして本当のところは? レクサス・RCとBMW・4シリーズのパッケージや荷室を比較してみた。

 2014年10月に発売されたレクサス・RCは、2010年に販売を終えたSC以来の2ドアクーペとして話題を呼んだ。レクサスでお馴染みのスピンドルグリルをはじめ、一体感を生む低いドライビングポジションのクーペ専用パッケージを内包する。パワートレーンは2.0L直4ターボ、2.5Lハイブリッド、3.5L V6を用意。477psを誇る5.0L V8を搭載する高性能版のRC Fも販売している。

    ソリオバンディットとフリードスパイク。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

 一方のBMW・4シリーズは、3シリーズがベースの2ドアクーペだ。以前は3シリーズクーペを名乗っていたが、13年に登場した現行モデルから「4」の数字が与えられた。3シリーズと異なり、パワートレーンはガソリンエンジンのみで2.0L 直4ターボと3.0L 直6ターボが用意される。なお、BMW M社が手掛ける高性能版M4クーペには3.0L 直6ツインターボ(431ps/56.1kgm)が搭載され、6速MTも選べる。
 
 まずは、全体のサイズ比較から。

レクサスRC 全長×全幅×全高:4695×1840×1395mm ホイールベース:2730mm

レクサスRC350 "Fスポーツ"
全長×全幅×全高:4695×1840×1395mm
ホイールベース:2730mm
車重:1700kg
エンジン:V型6気筒DOHC
最高出力:318ps(234kW)/6400rpm
最大トルク:380Nm(38.7kgm)/4800rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:5.0m
JC08モード燃費:9.8km/ℓ
車両本体価格:678万円

BMW435iクーペ 全長×全幅×全高:4670×1825×1375mm ホイールベース:2810mm

BMW435iクーペ Mスポーツ
全長×全幅×全高:4670×1825×1375mm
ホイールベース:2810mm
車重:1620kg
エンジン:直列6気筒DOHCターボ
最高出力:40.8ps(225kW)/5900rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1200-5000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:12.7km/ℓ
車両本体価格:797万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

レクサスRC350 "Fスポーツ"

BMW435i Mスポーツ

レクサスRC350 "Fスポーツ"

ホイールハウス間の幅は若干狭いが、フロア手前側には十分な横幅が確保されており、トランクルームは想像以上に実用的。後席は6対4分割可倒式となっている。床下には工具などを収める樹脂トレーが備わり、部分的に収納として使うことも可能だ。

BMW435i Mスポーツ

フロアの幅と奥行きはともに1mに達しないが、クーペとしては必要にして十分。さらにフロアを拡大させるための後席可倒機構は6対4分割が標準だが、中央のみを倒せる4対2対4分割もオプション設定。床下収納も備えるなど、使い勝手は優秀だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します