現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 種子島の高校生はスーパーカブライダー

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.16

種子島の高校生はスーパーカブライダー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業(ホンダ)は『スーパーカブ』で通学する鹿児島県種子島の高校生へ感謝を伝えるため、クリープハイプとコラボレーションしたミュージックビデオを、9月14日に公開した。

スーパーカブは2018年に誕生60周年を迎えた。ホンダでは、ホンダで人生を楽しむ人たちを紹介するドキュメントコンテンツ「Me and Honda」の一環として、スーパーカブのユーザーに感謝を伝える活動を行なっている。

    新型インサイト発売 オーソドックスにまとめられたが大きさと価格が気になる

電車もなく、バスも少ない種子島では、多くの高校生がスーパーカブで通学している。青春時代をカブとともに過ごしたユーザーに感謝の気持ちを贈りたい---。ミュージックビデオの舞台は、東京の小さなアパートと、大自然に囲まれた種子島の高校。新聞配達にやってきたカブのエンジン音が耳に届くところから、音楽が始まる。上京してきた青年がカブの音を耳にして、故郷・種子島に想いを馳せる、そんな場面をイメージして描かれている。

種子島のシーンは、 実際にカブで通学している高校生たちの、リアルな高校生活を追いかけるドキュメンタリーだ。種子島では、学校へ行くために急な坂道を延々と上っていく必要があったりと、高校生にとって原付がなくてはならない存在だという。

学校側が車種を指定しているわけではないが、中でもホンダ「スーパーカブ50」で通学している生徒が多いそうだ。その理由には諸説ある。卒業後に乗らなくなったスーパーカブは弟・妹や後輩へ受け継がれ、十年以上前のモデルがいまだに乗り続けられていることもある。また親世代となり、次の世代が新車を選ぶ時にも自分たちが乗っていたスーパーカブを勧める。ホンダによると、こういった連鎖によって、種子島にカブ文化が根付いていったそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します