現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジムニーは風速35mで横転!? クルマは風速何mで横転するのか、様々な形状車種で調べてみた

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.16

ジムニーは風速35mで横転!? クルマは風速何mで横転するのか、様々な形状車種で調べてみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■風速10m以上で走行が不安定になるクルマも

 2018年9月4日、日本に上陸した非常に強い台風21号は、各地に甚大な被害をもたらしました。みなさんも動画などでご覧になったかもしれませんが、軽ワゴン車やパネルトラックが風にあおられて、簡単に横転してしまったニュースは衝撃的でした。実際に風速何mだとクルマが横転してしまうのでしょうか。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 雨と違って、風の強さがどれくらいなのか? 樹木や大きな旗でもあればわかることもありますが、風速20m以上の強風ともなると、差がわかりにくくなります。また車のタイプによって横転する風速にも大きな違いがあるようです。風の強さと車が横転する速度について計算をしてみました。

 一般道路では樹木の様子や旗などが吹かれる様子で風の強さを知ることができます。また、高速道路では、緑と白の吹き流しで風の強さをチェックすることができます。吹き流しが横にまっすぐ流れているときは、風速10m/s以上の風であることを示します。

 高速走行時では少しハンドルを取られただけでも危険な状態となりますので、吹き流しが真横になっているときは速度を落とすか(速度規制も入るはず)、車が車線をまたぐほど大きく振られるほどの強風であれば、非常駐車帯に停車して風がやむのを待つことをおすすめします。

 ほとんどの高速道路では風速10mから15m/sで速度規制が入り、(法定速度100km/hのところなら50から80km/hに)、20m/sから25m/s以上で通行止めになります。

 東京湾アクアラインのように、さえぎるものがない沿岸橋梁部では風速20m/s以上でほぼ確実に通行止めになります。筆者(加藤久美子)は、風速23m/sの中を走行したことがあります(直後に通行止め)。車高の低い車でしたが、オープンカーの幌がものすごい音と勢いでバタついていて、ハンドルもしっかり握っていないと流されそうになり、大変怖い思いをしました。トラックなどはやむを得ず路肩に止まっている車もありました。

 気象庁が作成した表で見てみましょう。まず風速には「平均風速」(10分間の平均)と、「おおよその瞬間風速」(3分間の平均)の2種類があります。平均風速15m/sから20m/sともなれば車の運転に大きく影響してきますので(特に車高の高く風を受ける面積の広いパネルトラックやワゴン車などは要注意)、不要不急の外出は控えたほうが無難です。

 外に出ていた場合は、ショッピングモールの立体駐車場など風の影響が少ない場所に退避することも有効です。ちなみに先の台風21号では、関西空港の瞬間最大風速が開港以来最大の58.1m/sを記録しました。大型タンカーが風で流されて連絡橋に衝突したことには多くの人が驚いたと思います。

 そしてこの表を見ると瞬間風速が50m/sを超えるとなると、走行中のトラックが横転し、多くの樹木が折れ、電柱や街灯が倒れるケースも出てきます。実際、大阪府泉南市では電柱9本が強風で倒れて道を塞ぎました。

■車の形状によって、横転する速度は違う?

 強風時に高速道路を走っていると、車高の低いスポーツカーやセダンは比較的まっすぐ走っているように思いますが、軽のワンボックスやパネルトラックなど、車高が高く側面の面積が広い車は車線をまたぐレベルで横風の影響を受け、見ていてハラハラすることもあります。

 そこで車両の形によって、横転する風速にはどれくらいの違いがあるのか、理学博士の羽鳥聡先生(若狭湾エネルギーセンター主任研究員)に計算式を出してもらいました。

 ここでは静止状態の車に横風が吹いたと想定して、あくまでも車の形状によってどれくらいの違いがあるのかがわかるように、結果を出していただきました。

 やはり車高の高い車、側面の面積が大きな車が横風の影響を受けやすいことがわかります。

      車種         全長×全幅×全高[mm]  地上高[mm]  車重[kg]  横転風速[m/s]スズキ・ジムニーシエラ    3550×1645×1730     210     1070     35.6ランボルギーニ・ウラカン   4506×1924×1165      -        1422     58.1トヨタ・カムリ        4910×1840×1445     145     1570     46.3ホンダ・ステップワゴン    4760×1695×1840     155     1780     37.7

 数値はあくまでも「静止状態」で横転する風速の目安となります。またウラカンなどのスーパーカーは走行中、前からの風に対しては空力を良くする作用が働きますが、横からの風に対してはほとんど対策がなされていないので、意外と横からの突風に弱いという話もあります。

 また、前述で出した車種別の横転する風速は車が走行中の場合、これらの風速以下であっても突風を横から受けると速度が速いほど車体が回転する遠心力が強く働くので、ハンドルを取られやすくなります。

 車線をまたぐほどに流され、車体がコントロールできない横滑り状態になると、車体が傾きやすくなり、パネルトラックやワンボックス車など横風を受ける面積が大きければ低い風速でも横転する危険性が高まります。

 つまり静止状態であればびくともしない風速であっても、速度が上がるにつれ横転の危険が高まるということです。前述に例を出したジムニーシエラの場合、静止状態で横転する風速の目安は35.6m/sですが、時速40km/h程度で走行していると、条件によっては風速20m/sでも、横転する危険があるということになります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します