現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車「アウトランダーPHEV」を含む計4車種2万1146台をリコール 自動ブレーキ機能など不具合のおそれ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.15

三菱自動車「アウトランダーPHEV」を含む計4車種2万1146台をリコール 自動ブレーキ機能など不具合のおそれ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ABSやACSなど安全運転サポート機能に停止のおそれあり

 三菱は、衝突被害軽減ブレーキシステムコントロールユニットの制御プログラムに問題が見つかったとして、9月13日に国土交通省へリコールを届け出ました。同時にエンジンコントロールユニット、ブレーキハイドロリックユニットに関係するリコール2件も届け出ました。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 対象車両は平成29年2月7日から平成30年4月11日に製造された「アウトランダーPHEV」、「アウトランダー」、「エクリプスクロス」、「RVR」の計4車種・5型式で、2万1146台に不具合が出る可能性があるとされています。  今回の不具合では、衝突被害軽減ブレーキシステムにおいて、コントロールユニットの制御プログラムが不適切なため、前方に衝突可能性がある歩行者を検知した際のブレーキ作動時間が必要以上に長くなることがあります。 そのため、運転者の不要な制動操作による急制動を誘発するおそれがあるとのことです。

 また、クルーズコントロール使用時やパドルシフト操作時に故障と誤判定されたり、ASC(横滑り防止システム)やABS(制動時にタイヤロックを防止するシステム)の機能が一時中断し、その間の車両安定性が損なわれるおそれがあります。  ほかにも、ACC(設定車速を維持すると共に先行車に近づいた場合は減速して車間距離を保つシステム)や FCM(自動でブレーキをかけて衝突の被害を軽減するシステム)、BAH(停車後ブレーキペダルを離してもブレーキ力を保持して車両停止状態を保つ機能)、HAS(坂道発進の際に車両のずり下がりを抑制する機能)、S-AWC(車両運動統合制御システム)機能付き車は、作動中に機能が停止する場合もあるといいます。

 全ての対象車両とも、各機能の制御プログラムを対策仕様に書き替えることで改善されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tmi*****|2018/09/15 12:53

    違反報告

    まあ、出てから時間も浅いし、不具合はセットみたいなもん。粛々と直しましょう。
  • sta*****|2018/09/15 19:14

    違反報告

    台風被害報道のどさくさにまぎれて50万台以上の車両火災の恐れのあるリコールを発表したトヨタよりマシだと思う。
  • cor*****|2018/09/15 20:40

    違反報告

    被害軽減ブレーキの制御系の不具合っていうのが、今の車らしいなぁと思う。
    なぜか三菱がリコール出すと色々言われるが、国交省のサイトを見る限り、毎週どこかのメーカーがリコール出してるんだけどな。
    リコールが嫌なら、絶対にリコールを出さないヒュンダイとかどうですか?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します