現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 運転席がない! ボルボ、自動運転EVトラックコンセプト発表

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14

運転席がない! ボルボ、自動運転EVトラックコンセプト発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボは9月13日、運転席のない自動運転EVトラックコンセプトカー、『ベラ』(Volvo Vera)をスウェーデン・ストックホルムで発表した。

ベラは、次世代の3つの大きな技術となる自動運転、コネクティビティ、電動モビリティの利点を組み合わせて、輸送および物流業務における最適なソリューションを提案した1台。完全電動トラックとなっており、低騒音。パワートレーンとバッテリーは、ボルボの市販EVトラックと同じものを搭載する。

    ボルボ、新型S60を公開 同ブランド初のアメリカ生産。ディーゼルは見送り

ベラはコントロールセンターに接続。輸送を管理するコントロールセンターは、輸送の進行状況を継続的に監視し、各車両の位置、バッテリーの充電量、車両の負荷、サービス要件、その他多数のパラメーターを正確にモニターする。

コントロールセンターでは、トラックの不必要な待機を回避し、配送の効率を高めるために、作業の速度と進捗状況を調整。同じルートを走行する車両は、最適な交通の流れを作り出すために、協力する。

ベラには、多くのセンサー、レーダー、カメラを装備。自動運転での走行は、限定されたエリアにおいて、低速で開始。徐々に速度を引き上げていく予定。ボルボは、自動運転に向けて安全な道を歩んでいると確信している、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/09/14 19:24

    違反報告

    こういうのが将来、高速道路を走るのかねえ。
    そうすると走行車線を制限速度を守って走ってくれるから、今より安全になるね。
    時速90キロで追い越し車線を2キロも3キロも塞ぐ、迷惑追い越しが無くなる。
  • zoo*****|2018/09/14 23:07

    違反報告

    ハイウェイの輸送貨物車から開始するのは正解だね。
    心配の種は直前で急ブレーキしたり幅寄せするようなD◯Nを巻き添えに大惨事になったりする事。
    革新的技術を産むのも、それを台無しにするのも人間だからね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します