現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタル、渋滞先読みで燃費向上…予測アルゴリズムを活用

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14

コンチネンタル、渋滞先読みで燃費向上…予測アルゴリズムを活用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタルは9月12日、車載コネクティビティシステム「eHorizon」の最新版を、ドイツで9月19日に開幕するハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において初公開すると発表した。

eHorizonは、車両システムを制御するナビゲーションデータを高度に活用し、インテリジェントで安全な車両ナビゲーションを実現する技術。交通状況を事前にドライバーに知らせることで、安全、利便性、効率を高めることが目的。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

eHorizonは、車載カメラのクラウドソーシング機能を活用して、クラウドやその他の道路利用者に対して、車両が重要な交通情報を提供。その結果得られるデータベースに基づいて、さまざまなモビリティサービスを実現する。

eHorizonでは、自動車を移動するセンサーに位置づけ。それらのセンサーが、データを集めて、非常に精度の高い地図を作り、日々更新。クラウドトラフィックサービスはこの地図をさらに充実させ、得られたデータベースが自動運転車両の開発における中心的な要素になるという。

eHorizonの最新版では、リアルタイムの交通データを250mごとに配信し、1分おきに更新。これにより、車両は数km先の交通状況を見ることができるようになるという。システムが渋滞を検出すると、予測アルゴリズムを活用して、シフトダウン、ブレーキなど減速動作を、ドライバーに求める。これにより、燃費を最大2%向上できるという。

コンチネンタルは、システムの開発では、デジタルマッピングと位置情報サービスのグローバルプロバイダー、HEREと協力している、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します