現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMWの誇る超レアなスーパーカー、M1とはどんな車だったのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14

BMWの誇る超レアなスーパーカー、M1とはどんな車だったのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWのモータースポーツ関連の事業を行うM社が手がけた市販モデルは、通常、Mの文字とシリーズを表す数字が組み合わせられています。例えば、M3は3シリーズがベースで、M6は6シリーズがベースとなります。しかし、かつてその法則から外れたネーミングを持つ、M1というスーパーカーが存在していたことをご存じでしょうか。文・西山昭智

1978年のパリサロンでデビュー

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

M1という名前から、BMWのボトムグレードである1シリーズをベースにしたMモデルかと思われがちですが、その実態はまったくの正反対。BMWの誇るスーパーカーとしてデビューしたのがこのM1という車です。
1978年のパリサロンでお披露目されたBMW製スーパーカーは、エンジンをミドシップにレイアウトする方式を採用。それまでミドシップを量産したことがなかったBMWは、一部製造をランボルギーニに委託することになり、担当したのはあのランボルギーニミウラの生みの親でもあるジャンパオロ・ダラーラだったといわれています(のちにランボルギーニとの提携は解消)。
さらにスタイリングは数多くのスーパーカーを手がけてきたジウジアーロ率いるイタルデザインが担当。この最強タッグの組み合わせによって、BMW初となるスーパーカーの開発が行われました。


BMWTURBO2000がベースに

心臓部には、3.5L直列6気筒エンジン。シャシーは、セミスペースフレームを採用。ボディをFRPで形成されたM1のスタイリングは、1972年のパリサロンで発表されたBMWターボ2000(コンセプトカー)を彷彿とさせるウェッジシェイプデザインで、中央にはおなじみのキドニーグリル、ヘッドライトはリトラクタブル式が採用されています。
サイズは、全長4,360mm×全幅1,824mm×全高1,140mmとロー&ワイドなスタイルで、ミドシップに搭載されたエンジンの上にはルーバーを配置、リアエンド左右にはそれぞれBMWのロゴエンブレムが配されています。
M1は、もともとグループ4に参戦するためのホモロゲーションとして開発されたものでしたが、実際にはホモロゲーションの条件となる「連続する24か月の間に月間400台の生産」をクリアすることができませんでした。
スペースフレーム構造やミドシップレイアウトなど、量産には向かない複雑な生産工程がその理由だったといわれています。


希少性の高さも魅力のひとつ

結局M1は、1982年をもって生産が終了され、それ以降BMWがスーパーカーを手がけることはありませんでした。
しかし、いま見てもまったく色褪せない魅力に包まれており、生産台数も450台ほどの希少性も相まって、BMWフリークだけでなく往年のスーパーカーマニアからも特別な1台として認められています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jqx*****|2018/09/14 11:41

    違反報告

    この車の製造においては提携していたランボルギーニの経営悪化によって思うように行かなくなった部分があった事を記憶しています。
    稀少価値が重んじられるようになってようやく報われたような車なのかも知れないですね。
  • asu*****|2018/09/14 11:49

    違反報告

    その昔、写真なども見たことが無いままに、ランボルギーニBMW と言う
    プラモデルを作った事があるけど、それの事だよね。
  • kit*****|2018/09/14 12:11

    違反報告

    それでも耐久レースで頑張ってましたね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します