現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大きすぎるのは良いこと!? 巨体すぎる輸入車5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の入り組んだ道には、取り回しの良いコンパクトな車が一番。そんな現実的なことは分かっていても、ついつい大きな車に乗りたくなるのは、クルマ好きの性なのかもしれません。ここでは日本ではちょっと持て余す“巨体すぎる”輸入車たちを紹介します。文・西山昭智

(1)ハマーH2

2003年2月に発売されたハマーH2。一大ブームの際には、その巨体を都心部のいたるところで見ることができました。
H2は、アメリカ軍の使用するハンビー(HMMWV)の遺伝子を受け継いだH1の兄弟モデルという位置づけですが、ベースとなっているのはシボレータホ。(CarMe)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く