現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨペット コロナが初採用!大流行したハードトップは、なぜ消滅した?

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1965年にトヨペットコロナが、日本車として初のハードトップボディを採用しました。その後、ハードトップボディは大流行し、クラウンやセドリックなどの高級車からブルーバードやカローラなどの大衆車まで、広く採用されました。それほど人気を博したハードトップですが、なぜ消滅してしまったのでしょう。文・赤井福

ハードトップボディとは?

ハードトップボディとは、エンジンルーム・キャビン・トランクの3つを持つデザインの3ボックスで、Bピラーを持たないスタイルをハードトップといいます。(CarMe)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nia*****|2018/09/14 06:48

    違反報告

    コロナがハードトップボディの写真でない。
    写真の差し替えを。
  • cam*****|2018/09/14 06:54

    違反報告

    浅い情報を並べただけの記事。
    学生が授業の内容を書きとめたノートの様だ。
  • kur*****|2018/09/14 06:41

    違反報告

    カリーナED