現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 駐車場シェアのakippaとSmart Parking、競合同士で協業 将来の構想実現に向け

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.13

駐車場シェアのakippaとSmart Parking、競合同士で協業 将来の構想実現に向け

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駐車場予約アプリのakippaは9月13日、駐車場シェアリングサービス「Smart Parking」やコインパーキング検索アプリ「パーキングライブラリ」を展開するシードと業務提携すると発表した。

akippaは、未契約の月極駐車場や個人宅の車庫、空き地・商業施設の空きスペースに、15分単位でネット予約できる駐車場サービス。一方、シードが展開するSmart Parkingは、IoT端末搭載のカラーコーンを使った非予約制の駐車場シェアリングシステム。パーキングライブラリは、格安コインパーキング検索無料アプリだ。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

MaaS(Mobility as a Service)が注目される中、2018年に入ってからの駐車場シェアリング業界は、大手の参入や撤退が続く、変化の激しい業界となっている。

akippaとシードは一部競合でありながら、予約制で確実に駐車場を利用したいakippaユーザーと、IoT端末を利用して短時間手軽に駐車場を利用したいSmart Parkingには異なるユーザーニーズもある。そこで、両社で協力し駐車場シェアビジネスの拡大・進化を実現をすることで、ユーザーの利便性向上とオーナーへの収益向上に取り組むこととなった。

具体的には、Smart Parkingのコーン設置駐車場の一部をakippa上に掲載し、予約制を導入する。これによりakippaは掲載駐車場数が増え、ユーザーの利便性も向上。一方シードはakippaの会員90万人をSmart Parkingが開拓した駐車場に送客することに加え、イベントニーズに対し予約の付加価値を加えることで収益の増加を図る。

また、Smart Parkingの短時間利用に適したビーコーンを、OEM版としてakippaに提供。akippaはSmart Parkingの駐車場体験ができるようになり、当日利用のニーズにもこれまで以上に対応できるようになる。一方シードはSmart Parkingの仕組みを搭載したコーン設置数の増大に繋げる。さらにシードのコインパーキング検索アプリ「パーキングライブラリ」にakippa全駐車場を掲載するほか、営業活動先の駐車場が自社のサービスでは対応できない場合、Smart Parkingはakippaに、akippaはSmart Parkingに、オーナーを紹介しあう。

しかし今回の連携は、駐車場シェアビジネスの拡大だけではなく、その先にある両社それぞれの構想実現が大きな目的だ。akippaは、カーシェアやシェアサイクルなどの他の関連サービスとの事業提携、利用者データの活用などを行い、ユーザーの出発地から目的地までの移動を支えるプラットフォームの構築を目指す。一方シードは、業種を超えて様々な企業が協力して「心にゆとりある社会」を作り出す「スマートシティプロジェクト」の実現を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します