現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いすゞの次世代トラック、エヌビディアの最新プラットフォーム導入へ…自動運転を推進

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.13

いすゞの次世代トラック、エヌビディアの最新プラットフォーム導入へ…自動運転を推進

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヌビディア(NVIDIA)は9月12日、同社の「NVIDIA DRIVE AGX」プラットフォームを、いすゞが次世代トラックの開発に導入すると発表した。

いすゞは軽量トラックから大型トラックまで、毎年60万台以上の商用車を生産。いすゞはエヌビディアの「NVIDIA DRIVE AV」ソフトウェアスタックとエネルギー効率の高いNVIDIA DRIVE AGXプラットフォームを使用して、自動運転を推進していく。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

自動運転トラックが安全に走行するためには他の車、歩行者、自転車など、周囲の状況を完全に理解する必要がある。トラックに装着された多数のセンサが、AIスーパーコンピュータにデータを送信。NVIDIA DRIVE AGXは、リアルタイムでアルゴリズムとアプリケーションを実行し、安全な自動運転を実現するという。

いすゞは、NVIDIA DRIVE AGXコンピューティングプラットフォームを、車両の周囲360度の認識、レーンキープ、アダプティブクルーズコントロールなどに活用。最終的に高度に自動化された完全自動運転への移行を目指す。

なおエヌビディアは、いすゞとの協力は、自動運転の長距離トラックなど、より安全で効率的に道路を利用するための世界的な取り組みを表すもの、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します