現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転の早期実用化へ 国交省が国際基準に先駆け「安全技術ガイドライン」を策定

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.13

自動運転の早期実用化へ 国交省が国際基準に先駆け「安全技術ガイドライン」を策定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■自動運転車の安全技術ガイドライン

 国土交通省は、自動運転の早期実用化に向けて、国際基準が策定されるまでの間も安全な自動運転車技術の開発・実用化を促進するため、自動運転車の安全技術ガイドラインを策定しました。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 この策定は、条件付自動運転「レベル3」(システムが全ての運転操作を行うが、システムの介入要求等に対してドライバーが適切に対応することが必要な条件付自動運転)と、特定条件下における完全自動運転「レベル4」(特定条件下においてシステムが全ての運転操作を行う、特定条件下における完全自動運転)の自動運転車が満たすべき安全性に関する必要条件を明確化することで、人身事故がゼロとなる社会の実現を目指したものです。

 また国土交通省は「これまでも日本が議論を主導してきた国連における国際基準づくりにおいて、我が国の自動運転車の安全性に関する考え方や安全要件を反映させることで、日本の優れた自動車安全技術を世界に展開する」ともアナウンスしています。

 今回の策定に伴い、世界に先駆けて自動運転の実現を目指す日本の各メーカーがどう動くのか、注目が集まります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します