現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 星野専務「国内の18年度新車販売は1割増へ」…「なおみ」パワーで計画達成に自信

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.13

日産 星野専務「国内の18年度新車販売は1割増へ」…「なおみ」パワーで計画達成に自信

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車の日本事業を担当する星野朝子専務執行役員は9月13日、横浜市の本社で記者団の取材に対し、2018年度の国内新車販売について「終えた段階で、(前年度比)1割くらいプラスになるだろう」と述べ、期首に設定した計画の達成に自信を示した。

同日に本社で行ったプロテニスプレイヤー、大坂なおみ選手とのスポンサー契約の発表イベント後に、取材に応じた。日産は5月に、18年度の国内新車販売計画を前年度比10%増の61万5000台に設定したと発表している。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

日本自動車販売協会連合会など販売業界団体のデータによると、今年度4月から8月までの日産の累計販売は、前年同期比1.2%減の約29万台となった。このうち登録車は同0.4%増の22万3700台と市場が落ち込む中で健闘しているが、軽自動車は6%減の6万6000台と他社の新モデル投入もあって苦戦している。

星野専務は、全体としてはほぼ横ばいで推移している4~8月の実績について「大きな新車があったわけではないので、われわれとしては計画どおり」と評価した。登録車については『ノート』などの「e-POWER」シリーズの販売が順調であり、手ごたえを感じている様子だ。

下期以降については、「新商品も計画している」とし、同日発表した大坂選手とのスポンサー契約によるPR活動の強化もテコにして、年度計画の達成に取り組む考えを示した。大坂選手とはグローバルでの「日産ブランドアンバサダー」契約を交わしているが、「日本人で、日本に多くのファンがいらっしゃるので、主に日本で活躍していただきたい」と、販売促進への貢献に期待を表明した。起用するCMの内容などについては「楽しみにしていただきたい」と述べるにとどまった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 池原照雄)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します