現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米日産、6種類の先進運転支援を年間100万台に標準搭載へ 2021年までに

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.13

米日産、6種類の先進運転支援を年間100万台に標準搭載へ 2021年までに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車の米国部門、北米日産は9月12日、先進運転支援システム(ADAS)の「日産セーフティシールド360」を、2021年までに米国で年間100万台の新車に標準搭載すると発表した。

日産セーフティシールド360は、6種類の先進運転支援システムで構成。「歩行者検出機能付きの自動緊急ブレーキ」は、車両のフロントのレーダーとカメラが、歩行者を検知。ドライバーに警告を発し、衝突が避けられないと判断した場合、自動でブレーキをかける。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

「ブラインドスポットアラート」は、ドライバーの死角に入った車両を、車線変更の際などに警告。「リアクロストラフィックアラート」は、駐車場などで後退する際、後方の車両を検出し、ドライバーに警告する。「リア自動ブレーキ」は、後退時に静止した物体を検出し、ドライバーに警告。必要に応じて衝突を回避するために、自動でブレーキをかける。

「車線逸脱警告」は、ウインカーを出さないで車線変更しようとした場合、ドライバーに警告。「ハイビームアシスト」は、前方の車両を検出し、ヘッドライトのロービームとハイビームを自動で切り替える。

北米日産はまず、日産セーフティシールド360を2019年モデルの『ローグ』『ローグスポーツ』『アルティマ』に標準装備。今秋から販売を開始する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します