現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発動機と台湾GogoroがEVにおける協業の検討を開始

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.12

ヤマハ発動機と台湾GogoroがEVにおける協業の検討を開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機株式会社と、Gogoro Inc.は、このたび台湾市場におけるEVビジネスでの協業に向けた検討を開始した。※Gogoro Inc.本社:台湾桃園市、CEO:Horace(ホレイス) Luke(ルーク)、以下「Gogoro」

 このたびの協業は電動二輪車の開発・製造委託およびバッテリー交換システムの共用に関するもので、年内の正式契約を予定している。Gogoroの市販車をベースとしたヤマハブランドの電動スクーターのデザインをヤマハで行い、生産をGogoroに委託する。完成車両はヤマハの現地法人であるヤマハモーター台湾の販路を通じて台湾市場で販売。第1弾モデルの投入は2019年夏頃を計画している。
なお、本件については両社のビジネスパートナーである住友商事株式会社の協力を得ている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 ヤマハは1966年から台湾二輪車市場に参入し、現在ではヤマハモーター台湾で生産した車種を中心に年間29万台(2017年実績)の二輪車を販売している。また、電動二輪車E-VINO(イービーノ)を製造・販売しており、日本への輸出も行っています。開発機能としては、ヤマハモーターR&D台湾を有し、主に台湾向けのスクーター開発を担っています。このたびのGogoroとの協業により、台湾市場におけるエンジン車を含めたラインナップ拡充を進め、電動車においてはGogoroが持つバッテリーステーションの活用によるユーザーの利便性向上を図る。

 Gogoroは2015年から台湾二輪車市場に参入し、自社製電動スクーターと、簡単にバッテリー交換ができるバッテリーステーションにより新しい電動二輪車ビジネスを展開している。バッテリーステーションはGogoroエナジーネットワーク社によって現在までに台湾で750ヵ所以上に設置され、2019年には1,000ヵ所を超える予定。なお、設置開始から1,700万回以上のバッテリー交換実績がある。Gogoroはこのたびの協業により電動二輪車の生産量拡大を見込んでいる。

<ヤマハ発動機株式会社 執行役員 MC事業本部長 木下拓也コメント>

「このたびの台湾におけるGogoroとの協業は、お客さまのモビリティの選択肢を広げるとともに、先進的なバッテリー交換システムを共用することで、新たなモビリティサービスと市場創出にチャレンジできるものと考えています」

<Gogoro Inc. CEO Horace Lukeコメント>

「Gogoroはエネルギーネットワークインフラを活用したオープンプラットフォーマーとして設立、大都市におけるスマートシティ化への変革を推進しています。今回のヤマハとの協業はその実現に向けた大きな一歩であり大変光栄に感じます」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kor*****|2018/09/12 23:47

    違反報告

    この分野は日本の規制当局が規制緩和しない限り海外特に台湾に先を越されるといって来たが、さすがヤマハさんは日本の規制当局なんかアテにしてないんだな。
  • sma*****|2018/09/13 05:24

    違反報告

    この発想を自動車に活かしてほしい。
    フロア下のバッテリーパックをGSやディーラーで速やかに交換できればそれでいいんだけど。
    規格戦争が終結してからかな?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します