現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > VW、3Dプリント技術を使って部品を大量生産へ…自動車メーカー初

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.12

VW、3Dプリント技術を使って部品を大量生産へ…自動車メーカー初

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は9月11日、3Dプリント技術を使って、自動車向け部品を大量生産すると発表した。

3Dプリントは、積層造形技術のひとつ。すでにカスタマイズパーツの少量生産や、非常に複雑な形状の部品の少量生産に導入されている。フォルクスワーゲンは自動車メーカーとして初めて、この3Dプリント技術を使って、部品の大量生産に乗り出す。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

フォルクスワーゲン車には1台あたり、6000~8000点の部品が使用されている。フォルクスワーゲンはHP社の最新3Dプリント技術、「HPメタルジェット」を導入。これにより、金属部品を3Dプリントで造形できるようになると同時に、現在の3Dプリントに対して、最大50倍のスピードアップが可能になるという。

フォルクスワーゲンでは、シフトレバーやテールゲートのエンブレム、キー、カスタマイズアイテムなどの生産に、この3Dプリント技術を導入する予定。同社は大型の部品も3Dプリント技術を使って生産する計画を掲げており、将来はサッカーボールサイズの部品を、年間10万台の車両向けに3Dプリント技術を使って生産する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します