現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デンソーテン×トヨタ、運転席・助手席の同時定位が可能な音響システムを共同開発

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.11

デンソーテン×トヨタ、運転席・助手席の同時定位が可能な音響システムを共同開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デンソーテンは、運転席・助手席の同時定位が可能な音響システム「ダブルツィーター」をトヨタ自動車と共同開発。ディーラーオプション「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」として納入を開始した。

通常、運転席にあわせて、左右の音の到達タイミングを調整した場合、助手席は右スピーカーの音が遅れて到達するため、偏った音になってしまう。新開発のダブルツィーターは、正面へ遅延をかけた音を出す「ダイレクトツィーター」と、対角線上にまっすぐ音を飛ばす指向性の強い「ホーンツィーター」を組み合わせることで、運転席・助手席への音の到達タイミングを一致。拡がりや奥行きなど、音の位置関係(定位)を正しく再現し、臨場感あふれる音響空間を演出する。また、車両後方を向いているダブルツィーターの音が遠くまで届くため、後部座席でも高音質を楽しむことができる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

各スピーカーには、ホームオーディオブランド「ECLIPSE Home Audio Systems」で培った技術やノウハウを投入している。スピーカーユニットとエンクロージャー(スピーカーボックス)が直接接触することを避けたフローティング構造を採用。エンクロージャーへの不要な振動の伝達を回避し、再生音以外の不要な振動音の発生を抑制する。また、グランドアンカー(おもり)がスピーカーユニットの高速前後運動を強固に受け止めることで、明瞭で、スピード感のある音の再生を実現。さらに音の波形を乱す要因の一つである角(カド)をエンクロージャーから無くした独自の曲面フォルムを採用。音の波形をより正確に再生する。

ディーラーオプション「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」は、このダブルツィーターと8ch高性能アンプ、フロントドア用のプレミアムドアウーファーで構成。車内にいながらでも高級ホームオーディオで聴いているような臨場感あふれるサウンドを楽しむことができる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します