現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 運転中に猛烈な睡魔… 眠気防止ドリンクを飲むタイミングはいつがいい? 専門家に聞いてみた

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.11

運転中に猛烈な睡魔… 眠気防止ドリンクを飲むタイミングはいつがいい? 専門家に聞いてみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■1000kmの道のり、5種類の眠気防止ドリンクを試したところ…

 運転中、眠くなったらどうしていますか? 友人や家族の間で運転を交替できればよいのですが、ハンドルを握るパパ(ママ)が助手席や後部座席で爆睡する家族を乗せて一人で睡魔と戦っている……という方も少なくないでしょう。そんな時に心強いのが、眠気防止ドリンクです。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 眠気防止ドリンク(剤)には、「医薬品」のものもあれば「指定医薬部外品」、「清涼飲料水」という場合もあります。これらは1日にどれくらい飲んで良いものなのでしょうか。また、コーヒーや玉露などカフェイン成分が多い飲み物と一緒に飲む場合はいかがでしょうか。

 高速道路のSA/PAやコンビニには、多種多様な眠気防止ドリンクが販売されています。先日、筆者(加藤久美子)は横浜から下関まで1000kmの道のりを一人で運転する機会がありましたが、その際も、眠気防止ドリンクのお世話になりました。

【めざまし太郎】200?(ユウキ)、【カフェイン180】180mg(大正製薬)、【強強打破】150mg(常盤薬品工業)、【眠眠打破】120mg(同)、【メガシャキ】100mg(ハウスウェルネスフーズ)、5種類の眠気防止ドリンクを買って試してみましたが、一番「効いた!」と感じたのは、カフェインの量が多い(200mg)の「めざまし太郎」という商品でした。やはり効き目はカフェインの量に比例するのでしょうか。

■専門家は眠気防止剤をどう選ぶ?

 普段よく飲むレギュラーコーヒーから、メガシャキ、眠眠打破など明らかに「眠気を防止する目的」のドリンクから、モンスターエナジー、レッドブルなどカフェイン量の多いエナジードリンク、これらはどのように飲むのが正解なのでしょうか。『くすりと漢方のスペシャリスト協会』代表理事 仲宗根恵さんに話を聞いてみました。

――車の運転で眠気防止にお勧めはどんなドリンクでしょうか?

 眠気や倦怠感を除去する目的で飲むのなら、その効能が認められている医薬品(エスタロンモカ内服液など)の眠気防止薬を選択するのが賢明ではないかと思います。カフェインの含有量や1回の服用量、1日の服用回数などが決められているため、使い方(飲み方)も分かりやすいです。ちなみに、眠気防止薬では下記のように摂取量の上限が示されています(15歳以上の場合)。

・1回摂取量:カフェインとして200mg・1日摂取量:500mgが上限

 カフェインの一日の摂取量の上限は、眠気防止薬では500mgとなっています。上限を超えない範囲であれば、大きな問題はないかと思いますが、カフェインは人によって感受性の違いがあり、少ない量でも不調を感じる人もいます。清涼飲料水の中には、「長時間の会議・ドライブに」と謳って販売されているドリンク「カフェイン180(大正製薬)」で、カフェインの量を明記しているものもあります。医薬品ではありませんので、「眠気を除去する効果」を謳うことはできませんが、長時間のドライブ時には役立つかもしれません。

■カフェインを取る上での注意点や1日の摂取量

――カフェインは色々な食品や飲料に入っていますが、1日の摂取量が決まっていることに少し驚きました。

 食品標準成分表2015年版によると、飲料に含まれるカフェインの量(100g中)は以下の通りです。

 コーヒー:60mg、紅茶:30mg、ウーロン茶:20mg、煎茶:20mg、玉露:160mg

 これに対して、エナジードリンクや眠気覚ましドリンクの清涼飲料水では、32~300mg/100mlと、商品によって差があります。(厚労省食品安全委員会による)

 また、カフェインの含有量や飲み方への注意喚起などが分かりにくい商品も目にします。エスタロンモカ内服液の場合、1回量(1瓶)に含まれるカフェインは150mgで、用法・用量では1日1回服用と記載されています。また、リポビタンDやチオビタドリンクなどの指定医薬部外品の栄養ドリンクにも、1瓶で50mgほどのカフェインが含まれている商品があります。アミノ酸やビタミン類を含んでいますので、眠気の除去とともに疲労回復も図りたい人には、こうした栄養ドリンクも良いかと思います。

――カフェインを取る上で、注意点はありますか?

 清涼飲料水の場合、含まれるカフェインの量が商品によって違っていて、用法・用量の規定などがないため過剰摂取になりやすく、それによる健康被害も無視できません。医薬品の眠気防止薬は、15歳未満は服用しないことになっていますが、清涼飲料水では年齢の規制もありません。

 連続して服用することで、体が効果に「慣れ」てしまい、同じ量では効かなくなり、服用量が増加しやすい傾向があります。カフェインを連用することで起こる頭痛もありますので、摂りすぎない、連用しないよう気をつけましょう。

 カフェインを含む解熱鎮痛薬、風邪薬もありますので、知らないうちに摂りすぎていることもあります。カフェインは中枢神経を刺激して、脳を軽い興奮状態にすることで眠気や倦怠感を一時的に除去するもので、眠気や疲労をゼロにしてくれるものではありません。元気を前借りしているようなものですから、効果が切れた後に、さらに酷い疲れが出てしまうこともあります。

 また、カフェインには胃酸の分泌を促す作用もあるため、副作用として胃粘膜障害が現れることがあります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの既往歴のある方や、胃の弱い方は避けましょう。

 副作用としては、ふるえ、めまい、不安、不眠、頭痛、動悸、食欲不振、吐き気・嘔吐などがあり、不調を感じたら飲むのを止めましょう。特に、基礎疾患のある方(服用中の薬の効果に影響する、血圧が上がるため)や、妊娠・授乳中の方(胎児への影響や母乳へのカフェインの移行などのリスクがあるため)は、摂りすぎないよう注意してください。

■食後? 食前? 眠気防止ドリンクを飲むタイミング

――眠気防止ドリンクはいつ飲むのが良いでしょうか?

 食後は副交感神経が優位になるため、眠気を感じやすくなります。一般的な眠気防止薬に関しては、服用してから30分ほどで効果が現れますので、ご飯を食べたら眠くなるという人は、食後すぐに飲むといいと思います。成人の場合、3~4時間くらい効果が持続しますが、睡眠不足がもともとあったりすると、持続時間はもっと短くなるかもしれません。

 基本的に、車の運転で眠くなったら、安全なところに車を停めて短時間の仮眠や休息を取ったり、少し体を動かしてみたりするのが一番で、眠気覚ましのドリンクに頼るのは最終的な手段と考えましょう。

※ ※ ※

 確かに。眠い時には仮眠を取るのが一番ですね。SA/PAや道の駅など、安全な休憩施設の駐車場で短時間でも眠ることがよさそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 加藤久美子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します