現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > OKI:「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参加

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.10

OKI:「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKIは、日本総合研究所が8月29日に設立した「まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアム」に参加した。自動運転車両の安全で快適な走行を支援するサービス実現に必要な仕様と課題の抽出を行い、自動運転車両の運行を路側から支援するための検討、および、システムの検証を行う。

 本コンソーシアムは、住宅地をはじめとした限定地域内において、自動運転技術を活用して高齢者などの近隣移動をサポートするサービス(まちなか自動移動サービス)の事業構想を策定することを目的に設立された。まちなか自動移動サービスの実現に期待する自治会、自治体を含む産官学民が連携して、実現に必要な車両のほか、システムの仕様や事業仮説について検討するもの。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 OKIは本コンソーシアムにメンバーとして参加し、自動運転車両の安全でスムーズな運行を路側から支援するサービスの検討と開発を行う。自動運転車両が安全でスムーズに走行するためには、カメラなどの車載センサーでは捉えられない前方の状況や見通しの悪い交差点の左右方向の状況などの「先読み情報」が必要になる。たとえば、見通しの悪い交差点などにおいて、路側に設置したセンサーにて車両や歩行者を検知し、自動運転車両に「先読み情報」を通知するなどのサービスの検討と開発を想定している。

 OKIは、従来より国土交通省や道路会社などの道路管理者向けに、VICSやETC自動料金収受システム、ETC2.0などのインフラシステムの構築に取り組んできた。これらの実績をもとに中期経営計画2019において交通事業を最重点の注力分野と位置付け、2017年11月にはITSサービス「LocoMobi 2.0」の提供を開始し、建設会社向けサービスや物流会社向けサービスを展開している。今回、本コンソーシアムに参加することにより、インフラシステムや交通関連サービスで培った技術や経験を活かし「LocoMobi2.0」の新サービスとして検証を行い、自動運転車両の安全で快適な走行を支援するサービスの実現を目指す。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します