現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 第一汽車、ロールスロイスのチーフデザイナーを副社長に…独自の高級車ブランド強化へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.9.10

第一汽車、ロールスロイスのチーフデザイナーを副社長に…独自の高級車ブランド強化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の自動車大手の第一汽車(FAW)は9月7日、ロールスロイスの前のチーフデザイナー、ジャイルズ・テーラー氏をデザイン担当グローバル副社長兼最高クリエーティブ責任者(CCO)に任命した、と発表した。

第一汽車は、中国で最初の自動車メーカー。フォルクスワーゲングループやトヨタ、マツダなどと、合弁会社を設立している。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ジャイルズ・テーラー氏は、高級車のデザインで豊富な経験を持つ。ジャガーカーズに13年間勤務し、この間にジャガー『XJ』や『XK』のチーフデザイナーを務めた。2011年に、ロールスロイスモーターカーズに入社。2012年から最近までデザイン担当ディレクターの地位にあった。『ドーン』や『ファントム』、新型SUVの『カリナン』などのデザインを手がけている。

ジャイルズ・テーラー氏は、第一汽車の独自の高級車ブランド「HONGQI(紅旗)」のスタイルコンセプトを主に担当する予定。第一汽車のデザイン開発システムを確立するほか、自動運転車を含む全製品に国際化されたデザイン哲学を導入していく。

なお、テーラー氏はドイツのミュンヘンに駐在。ミュンヘンで新しい第一汽車デザインセンターの設立を進め、同センターでグローバルなデザインチームを結成する計画、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • osh*****|2018/09/12 00:05

    違反報告

    ジャイルズ・テーラー氏がどんな方なのか存じ上げない。

    ただこの記事で一番注目すべきは、『高級』と言う価値感を中国企業が簡単に手に入れた点だ。

    ジャガーやロールスなどのお家芸たる『高級』は、一朝一夕に得られるものではなく、長年にわたり培われた歴史の重みが加わって初めて出来上がる・・・と誰もが信じて疑っていなかった。

    そして、そもそも自動車製造についても同様に語られていた、そう『テスラ』が現れるまでは!

    テスラは、自動車を作ったことが無いので当然歴史もない。

    しかし、だからこそ古くからの伝統やしがらみにとらわれることのない発想が可能になったといえ、あっという間に自動車メーカーとして一つの『ブランド』を築き上げた。

    今回、同様なことをこの中国の会社が引き起こそうとしている。

    そもそも、金の力で得た『高級』ではあるが、逆に言えば「金の力で何とでもなる」時代である。

    そう考えると、中国をバカにしている暇はないのだ!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します